スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さまざまな分析手法
外国為替相場の主な分析手法としては、チャートを使用したテクニカル分析、経済指標や要人発言などを元に相場の動きを予想するファンダメンタル分析、の2つがあります。

これらの分析手法は、為替に限らず他の投資商品でも使われるものですので、株取引などの経験がある方はすぐに応用することが可能です。また、テクニカル分析、ファンダメンタル分析のどちらかが優れているというわけではなく、どちらも必要なものです。それぞれ得手不得手はあると思いますが、少しずつ基礎から身に付けて、2つの分析手法をうまく使いながら分析していくことが必要です。

ファンダメンタル的な情報指標
投資指標
ファンダメンタル的な情報指標も相場が動く要因になることが多いです。ココでは相場に影響がある主な指標などを見ていきます。

経済指標など公的な統計発表
公的な統計数値の中でも相場にかかわりやすいといわれているのが、「雇用に関するもの」「経済活動に関するもの」「インフレ動向」「財政収支・貿易収支」「センチメント」です。

FXの税金について
外国為替による収益は雑所得になります。

そのため、年間収入に合算されて課税額が決定することになります。

つまり、外国為替だから何%ということではなく、確定申告時に計算して初めて確定することになります。


確定申告はしないとねぇ。。。主婦の投資家の方もちゃんとねぇ・・・
4億はスゴイですねぇ。恐るべしFX!
スローストキャスティクス
テクニカル分析の中でもFX投資に有利であるといわれているのがスローストキャスティクスといわれるものです。

が、スローストキャスティクスを知るには、まずストキャスティクスのことを知っておく必要があります。

ストキャスティクスは、アメリカのジョージ・レーンにより開発された分析法で、RSIと同様にオシレータ系指標の一つです。

ある期間内の最安値と最高値を基準にして現在の株価が最安値と最高値の間のどの位置にあるかを相対的に求める分析手法です。

簡単にいうと、逆張り系の指標といえます。数値は0%~100%の間を動き、一般的には20%に近ければ売られすぎという兆候があり、80%に近ければ買われすぎの兆候があるを示します。

このストキャスティクスの中で、株価に対する反応の遅いものがスローストキャスティクスと呼ばれるものなのです。

ネット投資
インターネットの発達によって、個人投資家も自宅のパソコンから売買が可能になる。現在では多くのネット証券会社が設立され、手数料も安くなり、個人投資家が育つ環境は着実に向上している。

またネットによる投資が容易になったことで、ネット証券の会員登録数はうなぎのぼりの状態。対面取引による売買は事実上、成長が打ち止め状態になっている。
Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。