スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雇用に関するもの
雇用に関するもの 外国為替証拠金取引の指標にしてくださいね。

アメリカでは完全雇用が目指されているので、当局による経済運営や金融政策が雇用統計に左右されざるを得ません。これにともない当然、金利などの金融にも影響が出てきます。

アメリカが為替相場で大事なのはいうまでもありませんので、アメリカの雇用統計には十分注意しておく必要があるでしょう。

アメリカの雇用統計で、雇用者数の増加や失業率の低下が発表されれば、ドル買いに進むと予想されます。

MACDとは、Moving Average Convergence and Divergenceの略で、移動平均収束発散法といいます。通称はマック・ディーです。

MACDは、2本の指数平滑移動平均線を使ったオシレーター分析とトレンド分析を組合わせた分析です。

一般的には、MACDがシグナルを下から上に抜いたら買いサイン、MACDがシグナルを上から下抜いたら売りサインであるといわれています。

これは外国為替証拠金取引の中ではかなり大事な手法であると言われています。

FXをする上では、ぜひとも抑えておきたい分析手法といえるでしょう。

逆指値注文
逆指値注文は、外国為替証拠金取引の中でも大変重要なものとなります。


逆指値とは、その名の通り、指値(いくらで買いたい、売りたい、というように取引したい価格を指定するもの)の逆の注文方法です。

現在の値段よりも値上がりをして、一定の水準になったら買い、現在の水準よりも値下がりして一定の水準になったら売るという注文方式です。

つまり、一定の水準で売買することで「損切り(ロスカット)」のために必須であるといえるのです
判断は発表数値と予測値の比較で
経済指標は2つの通貨の需給関係に大きな影響力を持っているので、専門家の間でも為替相場の短期・中期予測を行う際の基本になっています。例えば米ドル/円の需給関係に影響を及ぼしやすいのはアメリカの経済指標です。これには経常収支、財政収支、貿易収支、雇用統計など10項目ほどの指標があります。これらの指標が上昇すればドル需要が活発になりやすく、低下すればドル需要が停滞しやすくなります。

ここで注意しなければならないのは、発表された経済指標の上昇や低下の数値で判断するのではなく、その数値を予想値と比較して判断することです。なぜなら、予想値通りの場合は影響が少なく、予想値と外れた場合に影響を受けるからです。各国経済指標の発表スケジュールや経済指標の予想値・結果などは大手外国為替証拠金取引取扱会社のWebサイトにアクセスすればわかります。

また、これらのサイトの大半はアナリストなど専門家の経済指標分析や解説記事を掲載していますので、これらを参考にすれば、相場はいま上げ潮なのか引き潮なのか、短期・中期の為替相場のトレンドは容易に判断できます。
少ない資金で大きな投資ができる
外国為替証拠金取引を特徴付けているのが「証拠金」というシステムです。

外貨預金、外国債など他の外貨投資の場合は、取引額に相当する現金が必要です。例えば、1万米ドルの外貨預金をしようとすると、預金時点での為替相場が1ドル=110万円だったら、110万円の現金が必要になります。これに対してFXの場合は、その10%程度の現金を証拠金としてFX会社に預託すれば、1万米ドルの投資ができるのです。このため、手持ちの資金を効率的に運用できるのが特徴です。

これを外貨預金とFXとの違いで具体的なシミュレーションをしてみましょう。
例えば、現在の為替相場が1ドル=110円で、1ヵ月後には125円の円安ドル高になるとの予測で、1ドル=110円で1万米ドルを購入し、1ヵ月後に予測どおり1ドル=125円の円安になったので1万米ドルを売却したとします。

この場合、外貨預金だったら、110万円の現金が必要です。売却時は125円×1万米ドル=125万円と15万円の利益が得られます。

しかし、10%の証拠金によるFXだったら、購入時:110円×1万米ドル×10%=11万円の現金で、売却時125円×1万米ドル=125万円と15万円の利益が得られます。

つまり、15万円の利益を得るのに、外貨預金だったら110万円の元手が必要になりますが、FXならわずか11万円で済んでしまうのです。これがFXの人気を高めている投資の仕組みです。

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。