スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レバレッジ派の投資2
外国為替証拠金取引投資の際には、人により保有通貨数を決めていたり、元本の上下によって保有数を変動する人もいます。つまり、元本が100万円でも120万円でも5万通貨の取り引きをすると決めている方。一方、元本が120万円に増えた場合は、保有通貨数を6万通貨に増加させる方などです。なお、保有通貨数は建て玉とも呼ばれます。

レバレッジ派のリスク
レバレッジ投資にはリスクも存在します。先の例で、レバレッジ1倍の方は元本を80万円に減らします。レバレッジ5倍の方は、元本を失う可能性もあります。レバレッジ10倍の方は、強制的な損切りや追加保証金が必要な場面もあります。

そのため、初心者の方はレバレッジを控えて投資を行うことが基本です。投資暦を積み、投資力が付けば、レバレッジを利用して大きく儲けることが可能です。多くの取引業者でレバレッジは10倍以上可能で、取引業者によれば400倍もの投資が可能です。力さえあれば、元本がなくても投資利益は青天井といえるでしょう。

レバレッジ取引とは、トレード画面でレバレッジ「ボタン」があるわけではありません。あくまで、元本(預け入れ保証金)と為替レートの比率を示す通称に過ぎません。そのため、投資家の多くは、自分が今レバレッジ何倍で取り引きをしているのかは、およその感覚で理解しています。
レバレッジ派の投資術
外為投資(FX)の通常の投資術をお伝えします。スワップ金利ではなく、為替レートの変動によって資産を増やす投資術です。一般的に、外為投資を行う投資家は、元本以上の投資を行います。これを、レバレッジ投資といいます。

レバレッジ投資をする理由は、為替レートの変動幅が、株価や商品価格などに比べ、とても小さいからです。ドル円相場で例えると、現在1ドル=120円程度ですが、1ドル=12円(10分の1)になることも、1ドル=1200円(10倍)になる可能性もほぼ皆無です。つまり、元本内で投資をしていれば、とても安定的と言えます。

ただ、その安定性は、運用利回り100%以上を目指すような投資家には十分ではありません。そこで、資産形成を素早く行いたい投資家は、レバレッジを利用して、大きく儲けることを目指します。一般的に、初心者の方でレバレッジ5倍以下、中級者になると多くの投資家がレバレッジ10倍程度で運用をしているようです。

スワップ派の考慮事項その2
FXをはじめる前に把握しておくべき事柄について・・・

昨日の続き。。。
考慮事項その2

為替レートの動きに注意が必要なことです。金利動向は為替レートよりも安定的。そのため、スワップ金利は安定的に受け取ることが出来ます。一方、為替レートは大きく変動する可能性があります。

例えば、ドル円は2005年、101円台から一時121円台まで上昇しました。この場合は、スワップ金利も為替変動益も得ることが出来ます。仮に10万通貨でドル買いポジションを保有していた場合、スワップ金利を48万円とし、20円の変動益を取ることが出来れば、248万円の利益になります。

一方、ドル円が121円から101円まで下落した場合は、スワップ金利で48万円利益が出ても、為替変動損で200万円ですから、トータルでは152万円のマイナスになります。スワップ派は低レバレッジで長期的な運用を目指す必要があります。

スワップ派の投資術
スワップ金利目的の投資を行う投資家を、俗にスワップ派と呼びます。スワップ金利目的の投資は、「安い通貨を売り、高い通貨を買う」戦略です。

「キャリー・トレード」とほぼ同義語になります。キャリー・トレードとは、機関投資家の間で一般的な投資方法で、「金利の低い通貨で資金調達し、金利の高い通貨で運用して利ざやを稼ぐ手法」です。例えば、1%で1億円借りて、5%で運用すれば、500万円(受取利息)-100万円(支払利息)=400万円の利益が出ます。

外国為替投資では、このキャリートレードを簡単に行い、かつ毎日金利収入を得ることができます。そのため、スワップ金利目的の投資は大変人気があります。

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。