スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為FXと株式投資
ここでは、株式投資の基本的な解説を、外為投資と比較しながら行っていきます。管理人はコンサルタント業の就業経験があるため、経営・会計知識などは豊富です。

株式投資とは基本的に、株式会社が資金調達のために発行する株券を購入することから始まります。市場での売買が可能で、株価の上下や、配当金や株主優待を受けることで利益を得ます。

一方、外国為替投資は基本的に、各国が発行する通貨を購入することから始まります。こちらも、世界最大の金融市場である外国為替市場で売買が可能で、為替レートの上下やスワップ金利を得ることで利益を得ます。

いずれの投資も、投資対象の会社や通貨発行国が、将来成長するかどうかによって投資判断をするのが基本です。株式投資は、企業の売上げや利益、市場占有率といった経営情報を第一に考慮。一方、外為投資は、国の景況感や金利動向を第一に考えます。これらをファンダメンタルズ分析といいます。

株式投資で企業決算に注目が集まるように、外為投資では各国が発表する経済指標に注目が集まります。つまり、売買の材料とされます。

一方、テクニカル分析はいずれも同じように利用可能です。ただ、テクニカル分析はより透明性があり大きな市場でその精度を上げるために、個別銘柄よりは為替市場での投資の方が適していると言われています。

株式投資は個人投資家にとって歴史が古く様々な投資法が世に溢れています。そもそも、株式投資は株式会社が意図的に不特定多数の人間に株価を発行することで資金調達をする手法です。ただ、株式投資をする8割の人間は損をしている模様で、過去にバブルとその崩壊を繰り返しています。

一方、外為投資は新しく思われがちですが、外貨投資として由緒ある歴史があります。歴史的に、資産家はその属する国のリスクを減らすために、海外に資産を移すからです。円が暴落しても良いように、ドルに資産を移すなどです。そうした、外貨投資を資産の少ない方にも提供した現代版が、外為投資です。



スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。