スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長期投資+テクニカル分析タイプ
長期投資+テクニカル分析タイプの投資戦略は、長期的なトレンドに従って大きな利益を求めます。ただし、チャートによる長期投資の売買サインは、頻繁に発生するものではありません。そのため、資金を常に運用しているわけではなく、ゾウのようにゆっくりと利益を積み上げて行きます。

トレンドの発生が認識された場合、早めにポジションを保有し連騰が続く中で、一気に利益を作り出します。その後、相場が調整局面入りとなった場合、さらにトレンドを追うのか、利益を確定するのかを判断します。その際も、テクニカル指標などから、ポジションの量を調整します。

長期投資+テクニカル分析タイプの投資判断は、テクニカル分析分析。ただ、短期のテクニカル指標で売買するのではありません。週足・月足などによる、長期のトレンドの発生を探ります。

例えば、12ヶ月移動平均線などにより長期的なトレンドを探ります。ドル円相場では、2005年5月に106円半ばで、ローソク足が12ヶ月移動平均線を上抜けました。実際その後はドルが急進。12月には一時121円台を示現するなど、ドル高トレンドが続きました。

長期投資+テクニカル分析タイプの特徴としては、市場を語ることなく市場を語る人間を信じることもなく、テクニカル指標を判断にゆっくりと投資をすることです。一般の個人投資家にとって機会は多くありませんが、実はプロの中では、テクニカル派と呼ばれる方が、季節ごとに相場を分析などしています。

あなたはどのタイプで外国為替投資しますか?


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。