スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
短期投資(デイトレ・スキャル)
短期投資とは、米国やユーロ圏の長期的な経済情勢や財政情勢を分析して投資をするのではなく、短期的な材料や思惑的な値動きを利用して利益を上げる投資手法です。

ここでは、一日から数日間でポジションを保有し決済することを想定します。短期的な材料とは、各国が日々発表する経済指標となるでしょう。突然の事件、例えばテロやハリケーンなども材料になります。あるいは、注目の経済指標を控えての投機筋のポジション調整なども挙げられます。

TVなどで取り上げられるデイトレーダーをイメージしてもらえばよいでしょう。短期投資をする場合、基本的に、PC画面にチャートや通信社などが伝えるニュース画面を眺めながら、「成行き」で投資を行います。

チャートが売買サインをだした場合や、テロなどの事件が報道されたことを確認後、為替の方向性を予想し、投資を行います。

一般的な必勝法としては、小さな利益をこつこつ積み上げていくことです。



例えば、1ドル=105円の時に、5万ドルをドル買い。同日、1ドル=105.50円の時に決済すれば、利益は2万5千円。同日、損きりを、104.70円に設定していれば、損失は1万5千円です。この投資方法を、2勝1敗1分けで繰り返していけば、月に17万5千円の利益になります。現在、手数料無料の取引業者もあるため、短期投資で勝つ可能性は高まっています。

動きがそれほど大きくないドル円相場でさえ、一日の値幅(高値-安値)は、1円程度は発生します。そのため、短期投資は、一日で決済まで行える可能性が高い投資方法です。外為投資は24時間取引可能なため、サラリーマンが帰宅後にデイトレードをすることも可能でしょう。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。