スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スワップ派の考慮事項その1
外国為替証拠金取引をはじめる前に知っておこう!!

スワップ金利は、各通貨の金利差を利用しての投資術です。そのため、金利動向にスワップ金利の受取額は左右されます。現在の高金利通貨、ポンドの金利が大幅に下落する一方、円の金利が大幅に上昇すれば、受取額は減少します。

ただし、各国の金利は1年を通じてそれほど大きく変化するものではありません。為替レートの変動幅に比べれば小さなものです。そのため、スワップ金利収入は事前の見込み程度は、安定的に得ることができます。

2006年の各国の金利政策の一般的な見通しは、ポンドに関連しては据え置き模様。ドルは年初に1度か2度の利上げが行われた後は、不透明。NZドルは年初に利上げの可能性。一方、年後半は経済の減速を受け利下げの可能性も。豪ドルは据え置き。一方、低金利通貨の円は据え置き。スイスフランは、複数回の利上げの可能性もあると考えられています。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。