スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外国為替2つの投資術
外為投資FX)の投資術は2つのタイプがあります。1つはスワップ金利を目的にした投資術。もう1つは、レバレッジ取引による投資術です。どちらを選ぶかで、投資技術はまったく異なります。

まず、スワップ金利を目的にした投資家は俗に、「スワップ派」と呼ばれています。「金利の安い通貨を売り、金利の高い通貨を買う」のがスワップ派の投資術です。利回りの目安は年10%程度です。

一方、レバレッジを利用した投資家は俗に、「レバレッジ派」と呼ばれています。「上がる(下がる)と予測する通貨を買い、下がる(上がる)と予測する通貨を売る」のがレバレッジ派の投資術です。利回りの目安は年50%以上です。



どちらの技術を学ぶべきなのか?
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

驚異のモグラたたきFXトレード!モグラりっちが見えたら買い(売り)!年利297%、2年で100倍を超えるパフォーマンス!驚愕のテクニカル主導のFX実践ノウハウ!
”モグりっち” パフォーマンス1例 勝率 82%ドル円FXトレード・直近1年年間利回り:297%  [続きを読む]
FXシステムトレード FXシステムトレード研究所 2006/12/03/Sun 22:31
レバレッジ
レバレッジとはテコを使って小さな力で大きな物を持ち上げるように、小さな金額で大きな金額の取引をすることで、「レバレッジを効かす」といいます。  [続きを読む]
初心者への提言、外国為替FXの基礎知識 2006/12/06/Wed 11:09
Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。