スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
為替ニュース・・・061108
7日のニューヨーク外国為替市場では、米中間選挙での民主党優勢との見方や、日銀の利上げ観測の強まりからドル/円は117円台前半まで下落した。ユーロ/円は150円台前半での狭いレンジ内取引となった。

 本日の東京外国為替市場では、7時30分に豪準備銀行政策金利の発表があり予想通りの0.25%の引き上げとなるも、逆に豪ドル売りが先行する展開となっており、豪ドル/円は下落商状で91円台割れとなっている。また、9時30分には豪・9月ハウジングファイナンスの発表があり、豪ドルは要注意である。全般的には日銀による利上げ観測の強まりから円は買われ易い状況と思われる事から、クロス円絡みでは押し目買いの戻り売りといった短期的な売買に適した相場展開となるのではなかろうか。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。