スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外国為替証拠金取引の仕組み
外国為替保証金取引は、少ない資金で大きな取引ができるという特徴があります。これは、「保証金」という仕組みによって成されるものです。

たとえば1万ドルの外貨預金で運用しようとした場合、1ドル=120円であれば、総額で120万円の資金が必要になります。ところが外国為替保証金取引の場合は、同じ1万ドルの米ドルを売買するに際して、それよりもはるかに少額の保証金を納めれば、取引できるのです。最低保証金の額はFX会社によって異なりますが、たとえば1万ドルの米ドルを取引するのに必要な保証金額は、10万円程度で済みます。

簡単に言うと、保証金を担保にして、外貨を売買するのに必要なお金を借りるという感覚です。10万円を担保として預けることによって、1万ドルの外貨を買うのに必要な信用を受けることができるのです。

この仕組みによって、少額の元手で、より大きな金額の外貨取引が可能になっているのです。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。