スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
渡辺さんも投資詐欺被害に!!
外国為替取引への運用による高配当をうたい、投資家から多額の資金をだまし取ったとして警視庁捜査2課は26日、投資会社「ジェスティオン・プリヴェ・ジャポン(GPJ)」(東京都港区、05年7月に破産)の元社長、秦右時(ゆうじ)容疑者(43)=台東区東上野4=を詐欺容疑で逮捕した。個人投資家を中心に約1600人から320億円を集めたとされ、同課は資金の使途などについて解明を進める。
 調べでは、秦容疑者は05年4月、港区・六本木ヒルズの会員制クラブで、同区の会社役員の女性(63)とその息子(42)に「1ドルを123円に両替する通貨オプションの権利と、1.15ドルを1ユーロに両替する権利を持っている。この権利を使って27%の利益が出る」と外国為替取引への投資を持ちかけ、計約2億5000万円をだまし取った疑い。容疑を認めている。実際には通貨オプションの権利を持たず、資金の運用はしていなかったという。
 GPJは02年9月に設立。富裕層をターゲットに、カリブ海の豪華客船のクルージングに招くなどして、資金を集めていた。一時は「配当金」とする送金があった。しかし05年6月ごろから配当が滞り始め、同7月、東京地裁が破産手続き開始を決定。その前後から秦容疑者の所在が分からなくなり、問題が表面化していた。
 同課によると、集めた資金のうち、約200億円を自転車操業的に配当に充て、約30億円は絵画や宝飾品の購入に流用、自分の経営する香港の投資会社にも約30億円を回していた。残りの資金のうち、GPJの運営費などを除く約40億円の使途が不明だという。運用実体がないにもかかわらず「投資でもうけた」と2億7000万円を取得している同社元役員もおり、同課で事件への関与を調べている。
 GPJの元社員は「(秦容疑者は)資金を集めていたころは六本木ヒルズに住み、経費扱いで高級スーツやバッグを買ったり、『車を買う』と言って会社から現金を持ち出したこともあった」と話している。【石丸整、鳴海崇】

詐欺は怖いですねぇ。私も引っかからない様に気をつけます!
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

経営とは投資である
経営をしていると、様々な場面で、卵が先かニワトリが先かの問題にぶつかることがある。経営経験が浅い人は、どちらが先でも堂々巡りの議論だからと、そこに拘りを持たないことが多い。例えば、経営とは、稼ぐのが先か、稼ぐために投資するのが先か、どちらが先だろうか。私  [続きを読む]
堀田信弘のリーダー養成塾 HottaWorld::「活・喝・勝」 2006/10/29/Sun 17:05
Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。