スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年収300万円時代の投資の必要性
 経済ジャーナリスト(肩書きはいまいちあやふやですが)の森永卓さんがその著作で、「これからは年収300万の時代がやってくる」と書いていましたが、そういう時代を象徴しているかのように、自分で自分のお金を稼ぐ手段としての投資や、サイドビジネスとしての副業の奨励、そういったことを政府自身が環境を整えてきています。
 つまり、これはもう普通の会社員としての給料ではやっていけない時代がくる、少なくともその可能性がある、ということですね。

 年収300万時代。これをもう少し噛み砕くと、年功序列が崩れ、能力主義になった今、優れた資格、優れた技能を持った人間とそうでない人間の貧富の差が大きくなるということです。そして、その優れていない側の人間の平均給与が300万円、それくらいじゃないかということですね。
 300万円というお金が大きいか小さいかは感じ方次第です。ただ、将来の老後の心配、経済情勢の変化、住宅の問題、などなどお金が必要となるリスクというのは、数え切れないほどありますから、そのリスクに対してどのような備えを持つべきなのか、それは考えておく必要があると思います。
 備えとはなにか?これは結論を言ってしまうと、お金を殖やすか、お金を守るか、そのどちらかですね。仮に、今100万円自由に使えるお金があるとしたら、それを積極的に殖やす方法を取るのか、あるいは貯金や定期などで守る方法を取るのか、そういうことです。あるいは、殖やす手段と守る手段を組み合わせて同時にやる。これをポートフォリオを組むといいます。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

デューデリジェンスと30代,40代の転職
デューデリジェンスとは、「資産評価手続き」のことをいう http://garotte.misterblackband.com/
| URL | 2008/11/15/Sat 07:14 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。