スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スワップ派のリスク
外国為替証拠金取引でスワップ金利を定期的に獲得することをだけを
目的とした取引方法を「スワップ金利運用」と呼ぶことにします。
FXでスワップ金利運用をメインにトレードする人のことを
スワップ派とよぶこともあります。

このスワップ金利運用、スワップ派には、主にふたつのリスクがあります。

 ・証拠金不足による強制決済のリスク
  為替変動により含み損が拡大し、証拠金を維持できなくなれば
  証拠金不足となり、資金を投入せずそのまま損が拡大していくと
  いずれポジションが強制決済(ロスカット)されます。
  含み損が、含みではなく、損失が確定してしまうわけです。

 ・スワップポイントが少なくなる、マイナスになるリスク
  スワップポイントは通貨ペアの金利差により決まるため
  スワップ金利運用で長期間ポジションを保持していると
  金利動向によっては金利差が縮小しスワップポイントが
  少なくなる可能性があります。
  最悪の場合は金利が逆転してマイナススワップとなることも。
  また為替レートが下がるとスワップポイントも少なくなる点も
  見過ごされがちな重要なポイントです。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ファセオラミンで痩せる
ファセオラミンは白インゲン豆に含まれる成分です http://newyork.crosstudio.net/
| URL | 2008/11/21/Fri 08:48 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。