スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トレンド予測の眼目は経済指標
為替相場は2つの通貨の需給関係で決まります。
例えば米ドル/円は、円よりドルの需要が多ければ相場は「円安ドル高」に傾き、逆なら「円高ドル安」に傾きます。では、この需給関係はどのようにして生まれるのでしょうか。

需給関係に影響を与える大きな影響は経済指標です。
経済指標とは各国の経済成長率、貿易収支、金利、物価指数、失業率などです。例えば、ある国の政策金利(日本では公定歩合)が引き上げられると、有利な運用が期待できるその国の通貨に買い注文が集まり、通貨高の要因になります。逆の引き下げは通貨安の要因になります。また、経済成長率が上昇するとその国の通貨需要が活性化するので、通貨高の要因になります。

このほか、例えば日本の対米輸出が一時的に集中し、その代金を米ドルで決済すると、大量の米ドルを円に替えなければならないので円高ドル安の要因になることもあります。さらに各国の要人発言や為替介入なども通貨の需給関係に投資影響を与えます。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。