スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外国為替証拠金取引と他の投資
外国為替証拠金取引」は外貨預金と異なり、非常に投機的な金融商品です。商品のリスクを十分理解し、自己責任の元に、ゆとり資金の範囲内で行う取引です。退職資金や生活に必要な資金の投資先としては適切ではありません。
スポンサーサイト
外国為替証拠金取引 VS 商品先物
 「外国為替証拠金取引」と「商品先物取引」の一番大きな違いは、なんといっても自動ストップロス制度と追加証拠金制度にあります。 先物取引には、損失が拡大すると、取引業者から追加証拠金(通称=おいしょ)の請求があります。これは、計算上の損失が委託本証拠金の50%を超えた場合、不足分の証拠金が請求されるといった大変恐ろしい制度なのです。 「外国為替証拠金取引」は、一部の取引業者を除いて、ほとんどの取引業者が自動ストップロス制度を採用しています。この制度は損失額が一定の水準を超えた場合に自動的(強制的)にポジションを清算される制度です。この制度は、投資家の損失額を限定させる安全装置として機能します。この制度を採用している取引業者からは、預入した証拠金を超えて請求させることはありません。

 「外国為替証拠金取引」は商品先物取引のように限月がありません。先物取引は、3月物、6月物、9月物、12月物といったように限月に分かれ清算日が決められています。 「外国為替証拠金取引」の取引で建てたポジションは、清算する日まで自動的にロールオーバーされます。 また、「外国為替証拠金取引」にはポジションの持越しに期限がありませんので、証拠金の枠内であれば、ポジションは清算する日まで、いつまでも持ち越す事が可能になります。 先物取引では、限月を跨いでポジションを持ち越す場合に、次の限月物に乗り換える必要がありますが、「外国為替証拠金取引」では、その必要がありません。

為替レートとは?
 「為替レート」は異なる通貨を交換する時の価格です。レートとはそもそも率とか割合とか歩合といった意味を持ちますが、この場合には、1ドルがいくらで交換できるか、また1ユーロがいくらで交換できるかを示します。 日本国内で見るテレビ等のニュースでは、1ドル=120円50銭とか、1ユーロ=135円85銭といった具合に、1銭刻みで表示され、また取引されます。 アメリカのドルと日本の円を交換する例をとってみますと、昨日まで1ドル=120円50銭で交換できたものが、今日は 1ドル=120円00銭で交換できることになると、50銭の円高となります。逆に1ドル=121円00銭で交換できることになると、50銭の円安となります。 このように為替レートの数字が小さくなると円の価値が上がり、逆に数字が大きくなると円の価値が下がたことを示します。 為替取引は、この為替レート(価格)で通貨を売り買いする取引です。

為替ってなに?
為替」は、銀行法の定義で「隔地間において、場所を隔てている者同士が、直接に現金の送金をなすことなく、資金授受の目的を達成すること」となっています。 つまり、国内、海外を問わずお金を送金することを指します。 しかし、一般的にテレビのニュース等でよく耳にする「為替」とは「外国為替」を指します。
 「外国為替」とは、外国の通貨と日本の通貨、または異なる二国間の通貨を交換することをいいます。場合によっては交換した通貨を送金することもあります。 たとえば海外旅行をする時、現地でのお小遣いを前もって準備するため、銀行で旅行先の通貨に両替します。 また、自動車会社(輸出企業)が海外に自動車を輸出して販売すると、その国での売上は、日本円に両替して本国に送金します。 石油会社(輸入企業)が原油を輸入する際、その代金を米ドル建てで決済します。その場合、日本円を米ドルに両替して決済します。 これらすべて「外国為替」といいます。
買いでも売りでも取引できます
外貨建て商品は、円高時に取引を始め円安時に売ることが鉄則でしたが、外国為替証拠金取引は、値上がりを予想して「買い」から取引を始めることはもちろん、値下がりを予想して「売り」から取引を始めることもできますので、円高時でも円安時でも収益チャンスを逃しません。 新規注文が成立した後 は、反対売買をする事で決済します。

また、 外国為替証拠金取引は上記のような反対売買による差金決済だけでなく、現物を受け渡すことで決済する(デリバリー)こともでき、銀行の為替手数料に比べ割安な手数料とあいまって、円を外国通貨に、また外国通貨を円に両替することもできるたいへん便利な外貨建て金融商品なのです。
貯蓄から投資へ
外国為替証拠金取引とは、異なる二つの種類の通貨を交換する取引になります。例えば、海外旅行に行く時には空港や銀行で日本円をドルやユーロに両替しますよね、これが外国為替取引にあたります。

外国為替証拠金取引は、この外国為替取引を証拠金の仕組みを利用することで、自分が保有していない通貨を売ることや少額の証拠金で大きな金額の取引が出来るようになった取引と言えます。

外国為替取引の特性は、24時間世界中で取引されているため、証券のように決まった時間だけしか取引が出来ないわけではありません。東京市場からロンドン、ニューヨーク、シドニーと常に世界中のマーケットで取引されています。このため、日中働いている人でも夜中に為替相場の動向をチェックしたり、注文を出すことが可能なため、証券取引に比べると取引を行ないやすいと言えます。

また、外貨預金や外貨MMFなどの外国為替建の投資商品は通常買いからしか入ることが出来ませんが、外国為替証拠金取引は売りからも入ることが出来るため、円高円安どちらに動いた場合でも利益機会を得ることが出来ます。

そして、外国為替証拠金取引の最大の特徴はスワップポイントが毎日発生することです。スワップポイントとは、ある通貨の買いポジションを保有した際、その通過を現物として保有していれば得られる利子と、売りポジションを保有した通過を借りた場合に支払わなければならない利子の差を調整するものです。つまり、高金利通貨のポジションを保有した場合、スワップポイントを受け取ることが出来ます。
外為取引の面白さって何だろう
外国為替は24 時間取引が出来るから楽しい♪夜、眠るのを忘れて取引をしてしまう
目の前でチャートやレートがリアルタイムに動いていくのを見ていると面白くてついつい取引が増えてしまう。ポジションを持つと為替レートが動くたびに損益が発生するんです。そのドキドキ感がたまりません。
為替を取引しているとTVや新聞のニュースが興味深い。
名前も知らなかった人達の発言がスット頭に入ってきた瞬間、各国の要人達に対してそうなんだよ、分ってるじゃないかと思わずツッコミを入れてしまう自分が好き。
チャートやファンダメンタル分析で今後の為替予測を行う。予測がズバリと当たったときは「俺って天才!?」と思ってしまう。
世界経済に興味がある。米国の景気動向は?欧州は?今後の世界景気は?
と考えているのは知的好奇心を満たしてくれる。
世界を舞台に自分の頭脳を試しているかのよう。 相手は百戦錬磨の投資家達、相手にとって不足はない。
手数料だけでなく、スプレッドもチェック!
FXのコストには2種類あります。

ひとつは為替手数料です。これは、円を外貨に替える、あるいは外貨を円に替える際に取られる手数料です。これは、外貨預金や外貨MMFなどでも取られるコストですが、基本的にFXの為替手数料は、他の外貨建て金融商品よりもはるかに格安に設定されており、コスト面では極めて有利です。

ただ、ここで注意しなければならないのは、もうひとつの隠れたコストがあることです

実際にFXを始めるとわかりますが、提示される外国為替レートが二本値になっていることに気付くでしょう。たとえば、「120.25‐120.30」というようにです。これは、決して1ドル120円25銭から120円30銭の間で取引されているという意味ではありません。

外国為替レートは、2ウェイプライスといって、外貨の買いと売りのレートを同時に提示する習慣があります。前出の例で言うと、投資家から見て「120円25銭で1ドルを売れます。1ドル=120円30銭で1ドルを買うことができます」という意味になるのです。そして、両者の差額に相当する5銭が、スプレッドという名のコストになります。

FX会社のなかには為替手数料を無料にしているところもありますが、この手の会社のなかには、スプレッドを高めに設定しているケースもあります。FX会社のコスト比較をする場合は、為替手数料だけでなく、スプレッドも合わせてチェックすることが肝心です。

為替レートの種類
為替レートの種類は、カレンシーペア(通貨の組合せ)であらわします。世界中のあちらこちらで貿易が発生するため通貨の組合わせはたくさんありますが、外国為替市場で主に取引されるカレンシーペアを一部紹介します。

・主要通貨の為替レート
・クロス円の為替レート
・世界の通貨記号
・実効為替レート

FX投資のしくみ
FXとは、円を売って外貨を買う、あるいは外貨を買って円を売る外貨の売買取引で、当初は米ドルやユーロが一般的でした。しかし、今ではそれ以外に、英ポンド、豪ドル、スイスフランなど外貨の取扱範囲が広がり、8種類程度の外貨が日常的に取引されています。

投資家からすればそれだけ選択の幅が広く、預金感覚でFX投資ができるようになっています。また、さまざまな外貨を組み合わせて投資することで、米ドルやユーロなど特定の外貨に投資するよりも、より高い収益をあげたり、為替相場の変動リスクを軽減することもできます。

投資家の間からは、「外貨の組合せを考えるのがFX投資の楽しみの1つ」との声もよく聞かれます。

外国為替レートがなぜ動くのか?
外国為替市場での取引には、さまざまな参加者がいます。海外と商取引を行う企業、銀行などの金融機関、外国為替レートの変動で大きく利益を上げようとしている投機筋などです。こうした参加者が、それぞれの思惑や必要に応じて外貨を売買しています。その需給バランスが、外国為替レートを動かすのです。

需給バランスとは、売り手と買い手の力関係と考えていいでしょう。たとえばドルを売りたいという勢力が強ければドル安円高になりますし、ドルを買いたいという勢力が強ければドル高円安になります。

問題は、どのような根拠でドルを買うのか、あるいは売るのかということです。

簡単に言えば、国力が後退した国の通貨は売られますし、景気が回復した国の通貨は買われます。異なる2つの国の金利水準を比較し、金利の高い国の通貨が買われ、金利の低い国の通貨が売られることもあります。さらに国際紛争などが勃発すれば、基軸通貨と呼ばれる米ドルが買われます。

外国為替市場の参加者はさまざまですから、参加者一人ひとりの思惑がマーケットでぶつかり合います。そこに力関係が生まれ、外国為替レートが変動するのです。

はじめてFX
近年、投資に興味を持った人が増えています。
 色々な投資商品がある中で、FXは少額の資金から始められ、うまく運用すれば、一般的に利回りが良いと言われている外貨預金などよりも大きな利益が得られる事で人気が出ています。

 まずはFXの特徴やしくみを理解していきましょう。

 FXは、日本円と米ドル、日本円とユーロ、米ドルとユーロなどの異なる2国間の通貨を交換し運用する取引の事を言います。

 FXの最大の魅力はレバレッジ効果というものです。レバレッジ効果とは、証拠金を担保として投資金額以上の大きな金額の取引を可能にするもので、少ない証拠金でその数倍~数十倍の外国為替を取引可能にします。

特に為替マーケットでは、最高レバレッジが100倍となっており大変人気があります。

 また、取引通貨間の金利差も受け取れることも大きなメリットの一つです。これをスワップポイントと言い、例えば、現在金利の低い日本円と金利の高い他国通貨の取引では、外貨を「買い」の立場(日本円は「売り」の立場になります)ならスワップポイントを受け取ることができます。

円安の要因その1:原油価格の上昇
円安は、輸入する原油の価格が上昇することによっておこります。原油の決済はドルで行われます。 たとえば原油価格が上昇すれば、必要とする量は変わらなくても、価格の上昇に伴い、ドルを調達する量も増えます。

 輸入企業の決済を行うため銀行は、外貨の調達が必要となり、結果として外国為替市場で外貨をカバーすることになります。 この増えた外貨買い/円売りのカバーにより円安になります。

 実際には備蓄との関係で、ストレートには為替に影響を及ぼしませんが、じんわりと影響を及ぼす要因です。

FX取引会社の選び方
外国為替証拠金取引(FX)をする上でなくてはならない取引会社ですが、世の中にはたくさんの取引会社があります。FXをする上でかなり大事なのが、このFX会社の選び方です。

そういった中でどうやって選んでいけばよいのでしょうか。

現在は法規制が入りましたので、悪徳業者は減りましたが、それまでは存在していたのが現実です。

必ず信用のおける会社に資産を預けるようにしましょう。

いま外為(FX)が熱い!!
外為証拠金取引ってご存知ですか?最近FXって言葉を耳にしませんか?外為証拠金取引こと通称"FX"というのは、世界の通貨を売り買いしてその時発生する差額で儲けるという方法です。FXの魅力は・・・
少額から投資ができる。
手数料が非常に安い。
スワップ金利(各通貨間の金利差のこと)がもらえる。
24時間取引可能。
などなど多くのメリットがあり、これからは間違いなくFXの時代です!しっかりこのサイトで取扱会社を吟味した上で賢くFXを利用してください。

投資の心得
その1 全て自己責任

投資に当たっては全て自己責任です。

もし損をしたとしても、誰も保障してくれません。まずこの点はよくご理解ください。他の人のせいにはできません。


その2 余裕資金を使って投資をする

既に使い道が決まっているお金を使って投資をしてはいけません。
投資というのは、とても精神的な面が影響します。
なくなってしまったら、とても困ってしまうお金を使っていたら、
まともな判断ができなくなる可能性が高いです。


その3 投資計画を経て、それに従って投資する


どんなときに買い、どんなときに売るのか?
一度の取引にどれだけのお金を使うのか?
短期間なのか長期間なのか?

実際に投資をする前に、計画を立てて臨みます。
もし想定外のことがあったら、一旦撤退するのが懸命です。

なんとなくで投資をして、上手くいく確率は低いのではないでしょうか。



為替 (かわせ)の歴史
そもそも為替の語源はどこからきたのでしょう。 少し調べてみると、鎌倉・室町時代に為え銭(かえせん・かえぜに)という言葉から始まったようです。 為え銭とは、領主に毎年納入する多額の年貢に困惑する農民に対し、造り酒屋などが金貸しを行っていたようですが、これが替え銭です。 造り酒屋はその時代の経済の中心的な役割を負っていたようです。

 江戸時代に入ると、金貸しから立て替え払いの業務まで事業を拡大して行きます。 当時の江戸は消費が拡大し、商人は大量の仕入れを大阪からまかないました。 そこで生まれたのが、為替(かわし)です。 江戸から大阪、大阪から江戸の間で、品物の買い付けで動く資金を、両替商が帳面で残高を管理し、現金を輸送することなく決済する仕組みが生まれました。 そこで支払人から受取人へ支払う金銭を為替銀(かわしぎん)といいます。 これが、現在、銀行が行う送金業務(内国為替)の原点です。

 やがて金貸し業から送金業までを営む業者は、銀行という名前で呼ばれるようになります。 まさしく銀(為替銀)が行き来するから銀行ですね。日本国内では、銀行法により為替業務は銀行以外に行えません。

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。