スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年収300万円時代の投資の必要性
 経済ジャーナリスト(肩書きはいまいちあやふやですが)の森永卓さんがその著作で、「これからは年収300万の時代がやってくる」と書いていましたが、そういう時代を象徴しているかのように、自分で自分のお金を稼ぐ手段としての投資や、サイドビジネスとしての副業の奨励、そういったことを政府自身が環境を整えてきています。
 つまり、これはもう普通の会社員としての給料ではやっていけない時代がくる、少なくともその可能性がある、ということですね。

 年収300万時代。これをもう少し噛み砕くと、年功序列が崩れ、能力主義になった今、優れた資格、優れた技能を持った人間とそうでない人間の貧富の差が大きくなるということです。そして、その優れていない側の人間の平均給与が300万円、それくらいじゃないかということですね。
 300万円というお金が大きいか小さいかは感じ方次第です。ただ、将来の老後の心配、経済情勢の変化、住宅の問題、などなどお金が必要となるリスクというのは、数え切れないほどありますから、そのリスクに対してどのような備えを持つべきなのか、それは考えておく必要があると思います。
 備えとはなにか?これは結論を言ってしまうと、お金を殖やすか、お金を守るか、そのどちらかですね。仮に、今100万円自由に使えるお金があるとしたら、それを積極的に殖やす方法を取るのか、あるいは貯金や定期などで守る方法を取るのか、そういうことです。あるいは、殖やす手段と守る手段を組み合わせて同時にやる。これをポートフォリオを組むといいます。

スポンサーサイト
レバレッジについて
レバレッジとは手持ちの資金よりも多い金額を動かすことをいいます。株式でいえば『信用取引』に当たります。
外為ではこのレバレッジを生かすことにより、少ない証拠金で多額の外貨を取引することが可能になります。

例えば、10万円を証拠金としてブローカー(取引仲介業者)に差し出し、USDを100円で10万ドル(1000万円)分買うことが出来たりします。この場合1円上がれば10万円儲かるわけですから、単純に10万円の元手が倍になったわけです。

このレバレッジという仕組みこそ外国為替取引の醍醐味といえます。
キャリートレード
キャリー(金利)トレードとは、低金利の通貨を売って高金利の通貨を買うことです。

つまり、キャリートレードは金利の取得を主な目的としているということができます。

これが2国間で行われると、為替リスクが発生し、為替マーケットが動く要因にもなります。

具体的には、円などの金利の低い通貨で資金調達し、NZドルなどの金利の高い通貨で運用することといえます。

ただ、金利取得を目的にする場合、為替変動に大きなリスクが生じますので、そのあたりをきちんとわきまえる必要があります。


ギャンブルより外国為替取引
外国為替取引」は異なる国の通貨を外国為替市場の価格(為替レート)で交換する取引です。 その取引を投資(投機)の対象にする場合、基本は価格が安い時に買い入れ、価格が上昇したら高値で売り抜き、またその反対に価格が高いうちに売り、価格が下落したら買い戻すといった単純な行為になります。その売り買いで生まれる利益を為替差益と呼びます。 利益を得ることは、そう簡単ではありませんが、ランダムに動く為替相場を対象に、上がるか下がるかに賭ける(投資する)という単純な行為であると考えると、50%の勝率があることになります。 お金を儲ける手段を頭の中で連想すると、「宝くじ」や「競馬」「パチンコ」などが浮かびますが、それらのギャンブルに50%の勝率を秘めるものはありません。
決済口座と預金口座について


FX外国為替証拠金取引)においては、基本的に取引口座と預金口座に分けられます。

取引口座は、バーチャル的な口座で、証券会社の取引者に対する負債の一部をあらわしていることになります。

そういったこともあり、預金口座から取引口座への振り替え処理がFXでは必要になってくるのです。

そして、損益は、未実現損益(評価損益)として計上されているということを理解しておきましょう。

スワップ派のリスク
外国為替証拠金取引でスワップ金利を定期的に獲得することをだけを
目的とした取引方法を「スワップ金利運用」と呼ぶことにします。
FXでスワップ金利運用をメインにトレードする人のことを
スワップ派とよぶこともあります。

このスワップ金利運用、スワップ派には、主にふたつのリスクがあります。

 ・証拠金不足による強制決済のリスク
  為替変動により含み損が拡大し、証拠金を維持できなくなれば
  証拠金不足となり、資金を投入せずそのまま損が拡大していくと
  いずれポジションが強制決済(ロスカット)されます。
  含み損が、含みではなく、損失が確定してしまうわけです。

 ・スワップポイントが少なくなる、マイナスになるリスク
  スワップポイントは通貨ペアの金利差により決まるため
  スワップ金利運用で長期間ポジションを保持していると
  金利動向によっては金利差が縮小しスワップポイントが
  少なくなる可能性があります。
  最悪の場合は金利が逆転してマイナススワップとなることも。
  また為替レートが下がるとスワップポイントも少なくなる点も
  見過ごされがちな重要なポイントです。
通貨政策
為替の変動要因として最も重要なのが、各国の通貨政策です。特にアメリカの通貨政策は重要です。 我が国の円が1949年に1ドル=360円の単一為替相場が定められて以来、1971年8月のニクソンショック(308円まで切り上げ)や、1978年10月のカーターショック(180円を割り込む)によりドルが急激に下落する場面がありました。 このような緊急事態になるとアメリカは「ドル防衛」をせざるを得なくなり、当時のカーター政権は、苦肉の策として、SDR(IMF特別引出権)を売却し、IMFリザーブ・トラッシュも引き出し、各国とのスワップ網を拡大しました。 結果、1ヶ月後には197円までドルは一気に値を戻し、1979年4月には、220円近くまでドルが上昇しました。

 高くなりすぎたドルは、アメリカ国内で貿易赤字の問題を深刻化させました。 そこで、アメリカのベーカー財務長官の呼びかけにより、ニューヨークのプラザ・ホテルで5ヶ国蔵相会議(G5)が開かれ、ドル高是正で合意(プラザ合意)した結果、240円台から1987年の2月には半分の120円にまでドルは下落しました。

 このように、通貨政策の変更は為替相場に大きな影響を与えます。 したがって市場参加者は、各国の通貨当局者の発言には注目します。 ちょっとしたニュアンスの違いを聞き取ることが、外国為替相場の転換を知る上で重要であるからです
取引の判断材料とは?
外国為替相場の主な分析手法としては、チャートを使用したテクニカル分析、経済指標や要人発言などを元に相場の動きを予想するファンダメンタル分析、の2つがあります。

これらの分析手法は、為替に限らず他の投資商品でも使われるものですので、株取引などの経験がある方はすぐに応用することが可能です。また、テクニカル分析、ファンダメンタル分析のどちらかが優れているというわけではなく、どちらも必要なものです。それぞれ得手不得手はあると思いますが、少しずつ基礎から身に付けて、2つの分析手法をうまく使いながら分析していくことが必要です。

外国為替レート
外国為替市場での取引には、さまざまな参加者がいます。海外と商取引を行う企業、銀行などの金融機関、外国為替レートの変動で大きく利益を上げようとしている投機筋などです。こうした参加者が、それぞれの思惑や必要に応じて外貨を売買しています。その需給バランスが、外国為替レートを動かすのです。

需給バランスとは、売り手と買い手の力関係と考えていいでしょう。たとえばドルを売りたいという勢力が強ければドル安円高になりますし、ドルを買いたいという勢力が強ければドル高円安になります。

問題は、どのような根拠でドルを買うのか、あるいは売るのかということです。

簡単に言えば、国力が後退した国の通貨は売られますし、景気が回復した国の通貨は買われます。異なる2つの国の金利水準を比較し、金利の高い国の通貨が買われ、金利の低い国の通貨が売られることもあります。さらに国際紛争などが勃発すれば、基軸通貨と呼ばれる米ドルが買われます。

外国為替市場の参加者はさまざまですから、参加者一人ひとりの思惑がマーケットでぶつかり合います。そこに力関係が生まれ、外国為替レートが変動するのです。
FXトレード(為替)
FXトレード為替)にもメリット・デメリットが存在します。
しっかりと基本は知っていないと
比較的簡単だと言われているFXトレード為替)でも、儲けるのは困難でしょう。
初心者の方は、まずはFXトレード為替)が
どのようなものなのかを、書籍や商材で勉強してみてはいかがでしょうか?

FXトレード為替)のメリット

・手数料等の取引にかかるコストが安い
・レバレッジを利かせた取引ができる。
・24時間取引ができる。
・豊富な注文方法


FXトレード為替)のデメリット

・金利の変動によってのリスク
為替レートによって変動のリスク
・事故など不測の事態によっての取引停止

さまざまな分析手法
外国為替相場の主な分析手法としては、チャートを使用したテクニカル分析、経済指標や要人発言などを元に相場の動きを予想するファンダメンタル分析、の2つがあります。

これらの分析手法は、為替に限らず他の投資商品でも使われるものですので、株取引などの経験がある方はすぐに応用することが可能です。また、テクニカル分析、ファンダメンタル分析のどちらかが優れているというわけではなく、どちらも必要なものです。それぞれ得手不得手はあると思いますが、少しずつ基礎から身に付けて、2つの分析手法をうまく使いながら分析していくことが必要です。

外国為替レートはどうして動くの?
外国為替市場での取引には、さまざまな参加者がいます。海外と商取引を行う企業、銀行などの金融機関、外国為替レートの変動で大きく利益を上げようとしている投機筋などです。こうした参加者が、それぞれの思惑や必要に応じて外貨を売買しています。その需給バランスが、外国為替レートを動かすのです。

需給バランスとは、売り手と買い手の力関係と考えていいでしょう。たとえばドルを売りたいという勢力が強ければドル安円高になりますし、ドルを買いたいという勢力が強ければドル高円安になります。

問題は、どのような根拠でドルを買うのか、あるいは売るのかということです。

簡単に言えば、国力が後退した国の通貨は売られますし、景気が回復した国の通貨は買われます。異なる2つの国の金利水準を比較し、金利の高い国の通貨が買われ、金利の低い国の通貨が売られることもあります。さらに国際紛争などが勃発すれば、基軸通貨と呼ばれる米ドルが買われます。

外国為替市場の参加者はさまざまですから、参加者一人ひとりの思惑がマーケットでぶつかり合います。そこに力関係が生まれ、外国為替レートが変動するのです。

レバレッジってなに?
少額の元手で大きな取引ができる。このメリットとデメリットについてお話しましょう。

FXの特徴のひとつとして「レバレッジ効果」を挙げることができます。レバレッジとは「テコの原理」のこと。テコの原理とは、小さい力で重いものを持ち上げることのできる仕組みを指します。
10万円の保証金を収めることによって、1万ドルの取引ができるとしましょう。1ドル=120円であれば、10万円の元手で、実際には120万円相当の米ドルを取引していることになります。つまり、保証金として納めた10万円を元本とみなすと、元本に対して12倍ものレバレッジがかかることになるのです。

仮に、1ドル=120円で米ドルを買った後、1ドル=130円までドル高円安が進んだとします。1万ドルを買っているのですから、為替差益は10万円。でも、元手は保証金として納めた10万円ですから、その元手から見た利益率は100%にも達します。

では、外貨預金だったらどうでしょう。1万ドルの米ドル預金を作成するのに必要な金額は、1ドル=120円だとしたら120万円です(手数料は含めずに計算します)。1ドル=130円までドル高円安が進めば、120万円が130万円になり、10万円の為替差益が得られます。これは、FXと同じです。

でも、FXの元手が10万円であるのに対し、外貨預金の元手は120万円。利益率は8.33%足らずです。FXの100%と比べると、大きな差があることに気付くでしょう。この違いが、レバレッジ効果なのです。
少ない資金で大きな取引ができる!
外国為替証拠金取引は、少ない資金で大きな取引ができるという特徴があります。これは、「証拠金」という仕組みによって成されるものです。

たとえば1万ドルの外貨預金で運用しようとした場合、1ドル=120円であれば、総額で120万円の資金が必要になります。ところが外国為替証拠金取引の場合は、同じ1万ドルの米ドルを売買するに際して、それよりもはるかに少額の保証金を納めれば、取引できるのです。最低証拠金の額はFX会社によって異なりますが、たとえば1万ドルの米ドルを取引するのに必要な証拠金額は、10万円程度で済みます。

簡単に言うと、証拠金を担保にして、外貨を売買するのに必要なお金を借りるという感覚です。10万円を担保として預けることによって、1万ドルの外貨を買うのに必要な信用を受けることができるのです。

この仕組みによって、少額の元手で、より大きな金額の外貨取引が可能になっているのです。

外国為替市場ってどこにあるの?
外国為替取引を行うのに必要な通貨の交換。これを行うのが外国為替市場です。では、外国為替市場とはどこにあるのでしょうか。

株式取引の場合は、証券取引所という場所で取引が行われます。でも外国為替市場には、こうした取引所は存在しません。銀行と銀行をつないだ電話、あるいはパソコンを通じて、相対で取引が行われます。よくテレビニュースなどで、パソコンのモニター画面がずらっと並べられた銀行のディーリングルームが登場することがありますが、このモニター画面を通じて、国内外のさまざまな銀行と通貨のトレードを行うのです。

外国為替市場は世界中にあります。1日の動きを追うと、オーストラリアからスタートして日本、香港、シンガポールなどのアジア、バーレーンなどの中東、そしてフランスやドイツなどの欧州経済圏、最後にニューヨークといった具合に、時差の関係もあり、徐々に取引の中心地が移っていきます。この間、どこの国のマーケットでも取引することができるため、外国為替市場は「24時間眠らないマーケット」になるのです。
為替 (かわせ)ってな~に?
為替」は、銀行法の定義で「隔地間において、場所を隔てている者同士が、直接に現金の送金をなすことなく、資金授受の目的を達成すること」となっています。 つまり、国内、海外を問わずお金を送金することを指します。 しかし、一般的にテレビのニュース等でよく耳にする「為替」とは「外国為替」を指します。

 「外国為替」とは、外国の通貨と日本の通貨、または異なる二国間の通貨を交換することをいいます。場合によっては交換した通貨を送金することもあります。 たとえば海外旅行をする時、現地でのお小遣いを前もって準備するため、銀行で旅行先の通貨に両替します。 また、自動車会社(輸出企業)が海外に自動車を輸出して販売すると、その国での売上は、日本円に両替して本国に送金します。 石油会社(輸入企業)が原油を輸入する際、その代金を米ドル建てで決済します。その場合、日本円を米ドルに両替して決済します。 これらすべて「外国為替」といいます。

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。