スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雇用に関するもの
雇用に関するもの 外国為替証拠金取引の指標にしてくださいね。

アメリカでは完全雇用が目指されているので、当局による経済運営や金融政策が雇用統計に左右されざるを得ません。これにともない当然、金利などの金融にも影響が出てきます。

アメリカが為替相場で大事なのはいうまでもありませんので、アメリカの雇用統計には十分注意しておく必要があるでしょう。

アメリカの雇用統計で、雇用者数の増加や失業率の低下が発表されれば、ドル買いに進むと予想されます。

スポンサーサイト
ファンダメンタル的な情報指標
投資指標
ファンダメンタル的な情報指標も相場が動く要因になることが多いです。ココでは相場に影響がある主な指標などを見ていきます。

経済指標など公的な統計発表
公的な統計数値の中でも相場にかかわりやすいといわれているのが、「雇用に関するもの」「経済活動に関するもの」「インフレ動向」「財政収支・貿易収支」「センチメント」です。

逆張りは危険
外国為替証拠金取引ではレバレッジが大きいときの逆張りは危険です。

逆張りは、ご存知のように、下げ相場で買うことですので、もしもそのまま下げ続けてしまったら、損が大きくなるばかりです。

逆張りは短期投資には向かない手法であり、レバレッジは短期投資の性格が強いので、レバレッジが大きいときの逆張りは避けるのが懸命といえるでしょう。


レバレッジ取引のリスク管理
外国為替証拠金取引の醍醐味でもあるレバレッジは、うまくいけば大きな利益になりますが、下手をすると一瞬で破綻してしまうことにもなりかねません。

ここでは、レバレッジ取引を行う際のリスク管理に絞ってみていきます。

例として、100万円の証拠金で1ドル=120円で、10万ドルの買いポジションを持っていた場合、レバレッジは10倍で運用しており、115円になった段階で、50%の評価損、112.5円の段階で75%の評価損となり、この時点でマージンコールやロスカットが入ります。

相場において、1日で1~2円の上下は珍しいことではありませんので、下手をすると、5日ほどでロスカットになったり、全財産を失うということもありうるのです。

それほどレバレッジを大きくすることはリスクが大きいということをしっかりと認識しておきましょう。

FXの税金について
外国為替による収益は雑所得になります。

そのため、年間収入に合算されて課税額が決定することになります。

つまり、外国為替だから何%ということではなく、確定申告時に計算して初めて確定することになります。


確定申告はしないとねぇ。。。主婦の投資家の方もちゃんとねぇ・・・
4億はスゴイですねぇ。恐るべしFX!
決済口座と預金口座について
FX(外国為替証拠金取引)においては、基本的に取引口座と預金口座に分けられます。

取引口座は、バーチャル的な口座で、証券会社の取引者に対する負債の一部をあらわしていることになります。

そういったこともあり、預金口座から取引口座への振り替え処理がFXでは必要になってくるのです。

そして、損益は、未実現損益(評価損益)として計上されているということを理解しておきましょう。

売りから入る方法
売りから入る方法は、どうしても嫌悪する人が多いです。

というのも、スワップ金利がデメリットになって返ってくるからです。メリットであった金利差がデメリットになるため、ここに嫌悪感を抱く人が多いのです。

しかし、この「売りから入れる」というのは、現物取引にはない、FX(外国為替証拠金取引)や信用取引などならではのメリットとも見ることが出来ます。

買いからだけでなく、売りからも入れるということは、それだけ機会損失を少なくすることが出来ます。

売りからも入ることが出来れば、USD-JPY取引の場合、ドル高相場だけでなく、ドル安相場でも為替差益を取るチャンスが出来ることになります。

この場合、スワップ金利は差し引かれますが、目に見える相場の場合は、為替差益の方が上回ることが大半ですので、FX外国為替証拠金取引)に慣れてきたら、ぜひとも売りから入るという行為にも慣れておきたいものです。


MACDとは、Moving Average Convergence and Divergenceの略で、移動平均収束発散法といいます。通称はマック・ディーです。

MACDは、2本の指数平滑移動平均線を使ったオシレーター分析とトレンド分析を組合わせた分析です。

一般的には、MACDがシグナルを下から上に抜いたら買いサイン、MACDがシグナルを上から下抜いたら売りサインであるといわれています。

これは外国為替証拠金取引の中ではかなり大事な手法であると言われています。

FXをする上では、ぜひとも抑えておきたい分析手法といえるでしょう。

スローストキャスティクス
テクニカル分析の中でもFX投資に有利であるといわれているのがスローストキャスティクスといわれるものです。

が、スローストキャスティクスを知るには、まずストキャスティクスのことを知っておく必要があります。

ストキャスティクスは、アメリカのジョージ・レーンにより開発された分析法で、RSIと同様にオシレータ系指標の一つです。

ある期間内の最安値と最高値を基準にして現在の株価が最安値と最高値の間のどの位置にあるかを相対的に求める分析手法です。

簡単にいうと、逆張り系の指標といえます。数値は0%~100%の間を動き、一般的には20%に近ければ売られすぎという兆候があり、80%に近ければ買われすぎの兆候があるを示します。

このストキャスティクスの中で、株価に対する反応の遅いものがスローストキャスティクスと呼ばれるものなのです。

FXチャートを使う
テクニカル分析にはチャートが必須項目です。

FXなどの外為をやる上でやはり知っておきたいのがチャート分析です。

テクニカル分析は、やはり相場の上下を予測するためにも知っておいて損はないと思います。

私がよく使っているのが、INFOSEEKマネーの外為チャートです。

移動平均線、ストキャスティクス、MACD、移動平均乖離率などなど様々なものが表示できます。

動作もさくさく動きますし、結構便利です。

外国為替チャートって、なかなか見つからなかったので、やった!と思いました(笑)。

ぜひともチャートを味方につけて、為替差益も狙って儲けてしまいましょう!!

トレール注文
外国為替証拠金取引用語・・・

トレール注文とは、値動きによって逆指値価格を引き上げたり、引き下げたりする注文手法です。トレールとは「引きずる」という意味をあらわします。

トレール注文は、相場の変動に合わせて逆指値価格を変更することにより、より実勢に合った逆指値を執行するために用いられます。


「トレール注文」の入力は、逆指値で価格指定をし、トレール指定で現在値からの値幅を指定します。

トレール注文は、値動きを追う時間があまりない方などには大変便利です。
IFO注文
IFO注文とはIf Done+One Cancels the Other orderのことで、IFD注文とOCO注文をあわせた注文方法です。

つまり、新規の注文が約定した場合には、利益確定の指値注文か、損切りの逆指値注文のどちらかを約定する、というものです。

あまりパソコンなどに向かえず、取引する時間が無い人に向いています。

このIFO注文をうまく使うことで、FX取引をほぼ自動化することが可能です。

IFD注文
外国為替証拠金取引

IFD注文とは、「If Done Order注文」の略称です。

つまり、「【もし】取引が【成立した】場合に有効となる利益確定の【決済注文】を出しておくやり方」といえます。

このIFD注文のもっとも基本的な使い方が、指値注文と同時に逆指値注文をして損切りをしておくというものです。

具体的には、「○○円のドル買いの注文。それがもしも約定したら、○○円の逆指値注文が有効になる」というIFD注文を出す、といった形です。

こうして自動的に売買をしてくれるので、大変重宝する注文方法ということが出来ます。

逆指値注文
逆指値注文は、外国為替証拠金取引の中でも大変重要なものとなります。


逆指値とは、その名の通り、指値(いくらで買いたい、売りたい、というように取引したい価格を指定するもの)の逆の注文方法です。

現在の値段よりも値上がりをして、一定の水準になったら買い、現在の水準よりも値下がりして一定の水準になったら売るという注文方式です。

つまり、一定の水準で売買することで「損切り(ロスカット)」のために必須であるといえるのです
FXの注文方法
FXの注文方法には、大きく分けて二つのものがあります。

それが、「成行き」と「指値」です。

成行き注文とは、相場の動きを見ながら自分の買いたいと思ったときや、売りたいと思ったときに注文をするもので、プライスオーダーとも言われています。

これに対して指値注文とは、「この価格で買いたい、売りたい」といったように、価格によって注文するもので、リミットオーダーといわれています。

この指値注文は、自分で決めた売買注文を出しておくことでその条件になったときに自動的に売買してくれるので、安心できる注文方法といえるでしょう。

FX注文は、基本として自動売買の指値注文をまずは選択するのがよいでしょう。

また、このほかに逆指値というものもありますが、コレは決済注文時に使われるものですので、別扱いします。

ネット投資
インターネットの発達によって、個人投資家も自宅のパソコンから売買が可能になる。現在では多くのネット証券会社が設立され、手数料も安くなり、個人投資家が育つ環境は着実に向上している。

またネットによる投資が容易になったことで、ネット証券の会員登録数はうなぎのぼりの状態。対面取引による売買は事実上、成長が打ち止め状態になっている。
Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。