スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般のFXと「くりっく365」の違いは?
くりっく365(さんろくご)は、取引所で行われるFX(外国為替証拠金取引)です。一般のFXの取引は取引所でなく業者が提示する売買価格で取引を行いますが、くりっく365は東京金融先物取引所で行われます。

また、一般のFX取引では、FX業者によっては60通りものペアがある一方、くりっく365では取引通貨の種類が少なく、米ドル、ユーロ、AZドルなど7種類に限定されているといった違いもあります。また、24時間取引に対応しています
スポンサーサイト
「くりっく365」が生まれた背景
かつては、取引を規制する法律や、監督する省庁がなかったため、悪質な一部の取引業者が暗躍し、一般の投資家の間でトラブルが起こることもありました。

このような状況を受け、外国為替証拠金取引を規制する改正金融先物取引法が2005年7月に施行され、「取引業者の金融庁への登録義務」、「取引業者の財務基盤の健全性の確保」、「希望しない顧客に対する取引勧誘の禁止」などの悪質な業者の排除を目的とするルールが定められました。

また、金融先物取引法による各種規制とあわせて、東京金融先物取引所(金融取)は、外国為替証拠金取引の透明かつ公正な取引の場を提供することを目的として、外国為替証拠金取引の公的な市場(取引所為替証拠金取引市場)が開設されました。これが「くりっく365」です。

このような経緯からもわかるように、くりっく365は、安心できるトレードができるよう、投資家のことを第一に考えた取引所なのです。
発表数値と予測値の比較で
経済指標は2つの通貨の需給関係に大きな影響力を持っているので、専門家の間でも為替相場の短期・中期予測を行う際の基本になっています。例えば米ドル/円の需給関係に影響を及ぼしやすいのはアメリカの経済指標です。これには経常収支、財政収支、貿易収支、雇用統計など10項目ほどの指標があります。これらの指標が上昇すればドル需要が活発になりやすく、低下すればドル需要が停滞しやすくなります。

ここで注意しなければならないのは、発表された経済指標の上昇や低下の数値で投資判断するのではなく、その数値を予想値と比較して判断することです。なぜなら、予想値通りの場合は影響が少なく、予想値と外れた場合に影響を受けるからです。各国経済指標の発表スケジュールや経済指標の予想値・結果などは大手FX会社のWebサイトにアクセスすればわかります。

また、これらのサイトの大半はアナリストなど専門家の経済指標分析や解説記事を掲載していますので、これらを参考にすれば、相場はいま上げ潮なのか引き潮なのか、短期・中期の為替相場のトレンドは容易に判断できます。


トレンド予測の眼目は経済指標
為替相場は2つの通貨の需給関係で決まります。
例えば米ドル/円は、円よりドルの需要が多ければ相場は「円安ドル高」に傾き、逆なら「円高ドル安」に傾きます。では、この需給関係はどのようにして生まれるのでしょうか。

需給関係に影響を与える大きな影響は経済指標です。
経済指標とは各国の経済成長率、貿易収支、金利、物価指数、失業率などです。例えば、ある国の政策金利(日本では公定歩合)が引き上げられると、有利な運用が期待できるその国の通貨に買い注文が集まり、通貨高の要因になります。逆の引き下げは通貨安の要因になります。また、経済成長率が上昇するとその国の通貨需要が活性化するので、通貨高の要因になります。

このほか、例えば日本の対米輸出が一時的に集中し、その代金を米ドルで決済すると、大量の米ドルを円に替えなければならないので円高ドル安の要因になることもあります。さらに各国の要人発言や為替介入なども通貨の需給関係に影響を与えます。


損失を小さく抑える工夫は必要!
外国為替レートは常に変動しています。当然、値上がりすると思って買った通貨が値下がりすることもあります。この場合、為替差損を被ることになります。

FXの場合、多くの投資家はレバレッジをかけて運用します。このレバレッジを高めにすると、利益が大きくなる代わりに、損失も大きくなるということを頭に入れておいて下さい。レバレッジを高めるほど、FXのリスクは高まっていくのです。

たとえば、10万円の保証金で、1ドル=120円の時に1万米ドルを買ったとしましょう。ところが、その後、1ドル=115円までドル安円高が進んだらどうなるでしょう。そう、120万円が115万円になりますから、5万円の為替差損が生じることになります。つまり、保証金に対して半分もの含み損が生じてしまうのです。

FXは、最初に預けた保証金に対して50%を超えて損失が膨らむと、その時点で取引を終了させるか、新しく保証金を追加して、保証金の担保力を上げる必要があります。また、さらに損失が拡大して、保証金に対する損失額が80%を超えると、その時点で強制的に取引が終了されます。

強制的に取引が終了されてしまったら、大きな損失を被ることになります。そのような事態を回避するためにも、自分の見通しがはずれたと判断した時には、早めに取引を終了させ、損失を少しでも小さく抑える工夫をする必要があります。

短期なら為替差益、長期ならスワップ金利
外国為替証拠金取引に投資する場合、外貨は円安に動いているなら買い、円高に動いているなら売りが原則です。

[その1 円安の場合]
例えば、1ドル=110円の時に米ドルを1万ドル買い、1ドル=115円の円安になった時、買った1万ドルを売れば、5万円の為替差益が得られます。

[その2 円高の場合]
例えば、1ドル=115円の時に手持ちの米ドル1万ドルを売り、1ドル=110円の円高になった時、1万ドルを買い戻せば、やはり5万円の為替差益が得られます。これが売りでも買いでも儲けられるFXならでは魅力です。

またFXの場合、スワップ金利(2つの通貨の金利調整額)は毎日更新され、翌日に持ち越すごとに計上され、決済時に清算されます。例えば、1万米ドルを買ってFX会社に預託し、仮に150円のスワップ金利が90日間続くとすると、その間に1万3500円、10万米ドルなら13万5000円のスワップ金利が得られます。外貨預金の金利とは比較になりません。これもFXのたまらない魅力です。


自動ロスカットも有効
重要なリスク管理が「自動ロスカットルール」です。
これは、FX口座に預託してある証拠金に対する評価損が一定額に達したら、証拠金を自動的に決済するルールです。証拠金以上の損失を出させないようにするための投資家保護策です。良心的なFX会社はいずれも自動ロスカットルールを採用しています。

一般的なルールでは、純資産評価額(口座に預けてある証拠金から評価損を差し引いた金額)が、取引を続けるのに最低限必要な証拠金の20%以下になると、取引が自動的に決済されます。この際、50%、30%など警戒ラインを下回った時点で顧客に警告メールを送信し、注意を喚起するFX会社もあります。
また、パソコンでFX口座にアクセスすると、画面に口座情報をリアルタイムで表示し、警戒ラインを下回れば警告文を表示するシステムを導入しているFX会社もあります。


判断は発表数値と予測値の比較で
経済指標は2つの通貨の需給関係に大きな影響力を持っているので、専門家の間でも為替相場の短期・中期予測を行う際の基本になっています。例えば米ドル/円の需給関係に影響を及ぼしやすいのはアメリカの経済指標です。これには経常収支、財政収支、貿易収支、雇用統計など10項目ほどの指標があります。これらの指標が上昇すればドル需要が活発になりやすく、低下すればドル需要が停滞しやすくなります。

ここで注意しなければならないのは、発表された経済指標の上昇や低下の数値で判断するのではなく、その数値を予想値と比較して判断することです。なぜなら、予想値通りの場合は影響が少なく、予想値と外れた場合に影響を受けるからです。各国経済指標の発表スケジュールや経済指標の予想値・結果などは大手外国為替証拠金取引取扱会社のWebサイトにアクセスすればわかります。

また、これらのサイトの大半はアナリストなど専門家の経済指標分析や解説記事を掲載していますので、これらを参考にすれば、相場はいま上げ潮なのか引き潮なのか、短期・中期の為替相場のトレンドは容易に判断できます。
そのFX会社は信頼できるか
FX会社は、2005年7月の改正金融先物取引法施行により金融庁と財務局へ「金融先物取引業」の登録が義務付けられています。この登録を認証された会社でなければ、FXの取扱はできません。
そこで、FX投資に当っては、最初に登録会社であることを確認する必要があります。
この確認は金融庁のホームページにアクセスすれば簡単にできます(2006年7月3日現在186社登録)。

さらに、取引しようとするFX会社候補を選んだら、その会社のホームページにアクセスし、証拠金と会社資産を明確に区分しているか、自己資本比率は十分か(法律では自己資本比率が120%以上と定めています)、会社のプロフィールなどもトレード始める前に確認したいものです。
トレンド予測の眼目は経済指標
為替相場は2つの通貨の需給関係で決まります。
例えば米ドル/円は、円よりドルの需要が多ければ相場は「円安ドル高」に傾き、逆なら「円高ドル安」に傾きます。では、この需給関係はどのようにして生まれるのでしょうか。

需給関係に影響を与える大きな影響は経済指標です。
経済指標とは各国の経済成長率、貿易収支、金利、物価指数、失業率などです。例えば、ある国の政策金利(日本では公定歩合)が引き上げられると、有利な運用が期待できるその国の通貨に買い注文が集まり、通貨高の要因になります。逆の引き下げは通貨安の要因になります。また、経済成長率が上昇するとその国の通貨需要が活性化するので、通貨高の要因になります。

このほか、例えば日本の対米輸出が一時的に集中し、その代金を米ドルで決済すると、大量の米ドルを円に替えなければならないので円高ドル安の要因になることもあります。さらに各国の要人発言や為替介入なども通貨の需給関係に投資影響を与えます。

為替相場のトレンド
FXで堅実に稼ぐ基本は、外国為替相場のトレンドを予測することです。
外国為替相場は需給関係、市場参加者の思惑、景気など様々な要因が絡み合って変動しますので、相場の的確な予測は不可能です。しかし3ヵ月、半年単位の変動なら一定の法則があり、そのトレンドは誰でも予測できます。

損失の穴埋めも可能なFX
外貨投資の損失は、為替リスク、カントリーリスク、金利リスク、価格変動リスク、信用リスクなどにより発生します。ただ、FXの場合、こうしたリスク発生により多少の損失が生じても、長期間保有し続けていればスワップ金利の収益で損失を穴埋めできる可能性があります。
その意味で外国為替証拠金取引は、他の外貨投資よりリスクに強い金融商品といえます。
FXはインターネット時代の投資法
インターバンク市場は東京、ニューヨーク、ロンドン、シンガポールなど世界の主要都市で開かれています。テレビニュースなどで目にする外国為替の「ニューヨーク市場」、「ロンドン市場」は、「その時間帯で一番活発に外貨取引が行われている都市」の意味で使われています。

ですから、インターバンク市場は休日を除き24時間必ずどこかの都市で開かれています。為替相場も刻々と変動しています。しかし、外貨預金などは銀行の営業時間内しか取引できません。相場も1日1回しか変更されません。もし、株価の急激な変動があっても対応できません。



これに対してFXの場合は、刻々と変動する相場を見ながらリアルタイムに取引ができます。また、FX会社の大半はインターネットで24時間いつでも顧客の注文に対応しています。ですから、一日の仕事を終え、帰宅してからFXの取引はできます。「いつでも、どことでも」と、FXはインターネット時代のトレードといえます。
外国為替市場はバーチャル市場
一般に外国為替市場と呼んでいるのは、銀行や証券会社などの金融機関が取引している「インターバンク(銀行間)市場」です。ここでは金融機関同士がインターネットや電話を使って、1対1の相対取引を行っています。通常、FX投資FX会社に依頼して行います。

FX会社は顧客から依頼を受けると、このインターバンク市場で顧客の依頼に最も適した売り買いの相手を探し、インターネットや電話を使い、相対で売買取引を成立させます。インターバンク市場は、取引が必要な時だけインターネットや電話によって開かれるバーチャル市場です。
外貨投資の利益発生源
FXも含め外貨投資では利益が発生する時があれば、損失が発生する時もあります。外貨投資の利益は「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の組合せで得られます。

キャピタルゲインは売却益(購入価格と売却価格の差益)や為替差益により発生します。為替差益は為替相場(通貨交換比率)の変動に伴って生まれるもので、例えば、1ドルを110円で買い、115円で売ったときに得られる5円がこれに当ります。

インカムゲインは利息(外貨預金、外国債券など)、配当金(外国株式)、分配金(外貨建てMMF、外国投信など)、スワップ金利(FXの場合)などにより発生します。
少ない資金で大きな投資ができる
外国為替証拠金取引を特徴付けているのが「証拠金」というシステムです。

外貨預金、外国債など他の外貨投資の場合は、取引額に相当する現金が必要です。例えば、1万米ドルの外貨預金をしようとすると、預金時点での為替相場が1ドル=110万円だったら、110万円の現金が必要になります。これに対してFXの場合は、その10%程度の現金を証拠金としてFX会社に預託すれば、1万米ドルの投資ができるのです。このため、手持ちの資金を効率的に運用できるのが特徴です。

これを外貨預金とFXとの違いで具体的なシミュレーションをしてみましょう。
例えば、現在の為替相場が1ドル=110円で、1ヵ月後には125円の円安ドル高になるとの予測で、1ドル=110円で1万米ドルを購入し、1ヵ月後に予測どおり1ドル=125円の円安になったので1万米ドルを売却したとします。

この場合、外貨預金だったら、110万円の現金が必要です。売却時は125円×1万米ドル=125万円と15万円の利益が得られます。

しかし、10%の証拠金によるFXだったら、購入時:110円×1万米ドル×10%=11万円の現金で、売却時125円×1万米ドル=125万円と15万円の利益が得られます。

つまり、15万円の利益を得るのに、外貨預金だったら110万円の元手が必要になりますが、FXならわずか11万円で済んでしまうのです。これがFXの人気を高めている投資の仕組みです。

円高、円安でどうなるの?
よくニュースで「円高」「円安」という言葉を耳にします。そういえば学校の授業でならったなーという方も多いのでは? でも結局どういう意味なのか、あいまいな方も多いのではないでしょうか?

「円高」とは「円の価値が高くなる」ことを意味します。反対に、「円安」とは「円の価値が安くなる」ことを意味します。

でも、よく新聞で「円高によって景気が悪くなる」などと言われますね。それはどうしてなのでしょうか。たとえば、日本のメーカーが米国で乗用車を1万ドルで売っているとしましょう。1ドル115円の場合、1台売ったら115万円が手に入ります。ところが、円の価値があがって為替レートが1ドル110円になると、1台売っても110万円しか手に入りません。売上が減ってしまいます。すべての場合に「円高=円の価値が高くなる」ことがいいとは限らないのです。
投資って難しいですね。。。
Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。