スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
業者選びの5つのポイント


現在、外国為替証拠金取引サービスを提供している業者は、400社以上あると言われています。残念ながら、中にはあまり良心的でない業者も存在します。
ここでは、正しい業者を選ぶポイントを伝授します。良心的な業者を選んで、安心してトレードを楽しんでください。

1.外国為替証拠金取引業者の登録を受けているか。

2.会社の基礎はしっかりしているか?

3.信託保全を行っているか?
(お客様からお預かりした資産と為替業者の事業資金が別々に管理されているかどうかが大切です。このように顧客資産と会社の事業資金を別々に管理することを「信託保全」と呼びます。)

4.電話、訪問での強引な勧誘を行っていないか?

5.2wayプラスを提示しているか?
(外貨を買うときのレート(Askレート)・外貨を売るときのレート(Bidレート)、この2つを同時に提示することを2wayプライスといいます。また、このAskレートとBidレートの差(スプレッド)が為替業者の儲けになります。)
スポンサーサイト
円高でも大丈夫!売りから始めるFX
外貨預金は、基本的に外貨を買う(円を売る)投資取引です。そのため、円安にならないと為替差益が出ませんでした。しかし、証拠金取引では、外貨を売ることから取引をスタートできます。そのため、円高傾向の場合でも、利益を得るチャンスがあります。
外貨を持っていないのに売る、というとなんだか難しそうですが、商品の販売の予約を受け付けて(売り)から商品を仕入れる(買い)ことと同じです。
なお、売りから入る場合、円を高金利の米ドルと交換するため、スワップの支払いが発生します。
24時間眠らない外国為替市場
外国為替市場(インターバンク市場)では、いつ取引が行われているのでしょうか。

答えは、「24時間いつでも」です。インターバンクは、1対1の相対取引です。ですので、売りたい金融機関と買いたい金融機関が存在すれば時間に関わらず、取引は成立=外国為替市場が開いている、ということになります。

それでは、よくニュースで聞く「ニューヨーク市場」「東京市場」「ロンドン市場」などは、いったいなんでしょうか。いくら外国為替市場が24時間取引OKでも、現地時間で日中のほうが、取引量が自然と多くなります。そのため、その時間によく取引されている場所(つまりその時点で日中)を、「○○市場」と呼んでいるのです。
少額から取引可能
外国為替の魅力としてまずあげられるのが、『少額から取引可能』という点です。外貨貯金などの『現物取引』と違い、外為の場合は『保証金取引』になる為、実際の取引額の10分の1程度で取引可能になる訳です。また保証金取引だからこそ可能な『売り』取引から始める事ができるのも魅力の一つにあげられます。売りからも可能という事は円安、円高どちらでも対応できるということです
通貨の特徴を知る
外国為替証拠金取引の基本は異なる2国間の通貨を交換し運用する取引の事です。各国の通貨にはそれぞれX特徴があり、取引する通貨の特徴をつかんでおけば失敗を減らす事も可能です。例えばドルならば新聞、テレビなど他の通貨よりも非常に情報が入ってきやすい条件にあります。また世界各国で大きなニュースなどがあった場合ダイレクトにレートに反映されやすいです。またポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドルは日本に比べ金利が高いという特徴があります。ですので金利が高い通貨であればスワップポイント目的に取引をするのも一つの考えです。

チャートを知る
FXを攻略するのに大事な要因としてチャートの存在があります。このチャートによってその時のトレンドを知る事ができるからです。ですので必ずチャートはチェックした方が良いでしょう。チャートにも数多くの種類があり中でも一般的に使われるのが、『ローソク足』と言うチャートです。このチャートは非常にわかりやすくなっており、FXをやる以上は必要不可欠です。
いつでもFX!
外国為替証拠金取引は24時間可能です。日中仕事をしてる忙しい方でも子育て中の主婦の方でも自分の空いてる時間に取引可能です。取引方法は電話取引、パソコン取引はもちろん、最近は携帯電話(携帯端末)からの取引も対応してる業者もあり大変便利です。
短期トレードで勝負したい方は
短期取引でまず重要なのは取引する時間帯だと思います。FXは24時間取引可能ですがその中でも値動きが激しくなる時間があります。短期勝負ならばやはりそのタイミングは外せないでしょう。そのタイミングは午後10時00分~深夜0時くらいです。なぜこの時間帯かと言うと、この時間にニューヨーク市場の取引がスタートする時間だからです。アメリカの経済情報などはとても為替にも反映されやすく、FXはドル中心の取引が基本な為、とても重要な取引時間となります。またロンドン市場は日本時間で午後5時、東京市場は午前9時にスタートします。しかしニューヨーク市場ほどの値動きはありませんが短期トレードするならこの時間もチェックした方が良いでしょう。
おすすめ!!
1998年に国内で初の個人投資家向けにサービスを始めた老舗FX取扱会社で実績・信頼共に申し分なく、当サイトで最もお勧めです!数ある魅力の中でもデイトレ口座の手数料は完全無料で、取引した通貨の0.1ポイントを取引の都度還元してくれるキャッシュバックサービスもあるので、手数料がマイナスになるという、他では考えられない魅力的な設定になっています。また証拠金率もデイトレ口座では1%、普通口座でも5%と低水準、初回入金額も設定されていません。またスワップポイントも業界最高水準に設定されており、取扱通貨は豊富な24通貨ペアで、他の会社では取り扱っていない中国元も取扱っています。さらに忙しい方にも大変便利な携帯端末からの取引も可能で、為替セミナーや情報提供も非常に豊富。このようにコスト・サービス・通貨ペアどれをとっても業界最高水準にあるひまわり証券は最もお勧めです。
FX取引手数料無料って?
入会から何ヶ月とか、○○記念とかではなく、通常の外国為替証拠金取引が全て手数料無料になります!

 手数料無料は、それ自体が得なのですが、私の経験上、それ以上に精神的なゆとりが生まれ、勝負を冷静かつ有利に展開できていると実感しています。

 思惑が外れて損切りせざるを得ない時、必ず頭をよぎるのが「手数料」です。「手数料入れて○○円負けた…」と考えます。また、手数料を取り返すために損切りのタイミングが遅れ、大きな損失になるケースも負けの定番パターンです。

 手数料を一切気にしなくて良い勝負というものを、みなさんも是非一度経験してみてください。やみつきになりますよ。

そんなFX取引会社を選びましょ☆
スワップポイント しくみと魅力
外国為替証拠金取引では、通貨の上げ下げとレバレッジにより利益を得る方法に加えて、スワップポイントというもので利益を得る方法があります。
 スワップポイントとは、金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売った時の2通貨間に生じた金利差のことを言います。

 現在、主要国の中では私たちが持っている「日本円」の金利は比較的低い位置にあるのはご存じかと思います。この金利の低い「日本円」で、金利の高い外貨を買うことにより、スワップ金利を受け取ることができます。逆に、外貨を売ると、スワップ金利を支払うことになります。

 わざわざスワップポイントを支払ってまで、外貨を売るというケースは、スワップポイント(金利差)以上に純粋なFX(為替)の収益が勝るだろうという考えに基づくものだと言えそうです。
FXするならオンライントレード
FXの取引では、取引をする度にFX会社に取引手数料を支払います。
FX取り扱い会社にはなんとオンライントレードで手数料無料などの会社もあります。
FX会社選びはしっかり、リサーチしましょう!!!
FXの最大の魅力「レバレッジ」
レバレッジとは「てこ」の事です。
ご存じ「てこの原理」は、小さな力で重い物を動かす事ができます。この外国為替証拠金取引の世界でもレバレッジ(てこ)を利用し、少ない投資金額で大きな金額を動かすことができ、効率的な投資が行えます。

 この「レバレッジ」こそ、FXの最大の魅力と言えます。

 レバレッジ(てこの力)をどのくらい効かせるかは、投資する方の自由です。
レバレッジはリスク(損失)とリターン(利益)の両方に働きます。これは、当たれば大きな利益を生むけれど、思惑が外れると大きな損失が発生しますよ、ということを意味しています。

 どれくらいのリスクを覚悟し、どれくらいの利益を狙っていくか、この判断が勝負の決め手でもあり、FXの醍醐味の一つでもあります。
FX取引について・・・
FXでは、証拠金(担保)を預けることにより投資金額以上の取引をすることが可能となります。
これはFXの大きな魅力と言えます。
FXでは大きな利益を得るチャンスと大きな損失を被るリスクが隣り合わせです。
しかし、投資金額はもちろんのこと、レバレッジもある程度のコントロールができますので、無理のない範囲で取引をするよう心がけましょう。

FXのしくみ
近年、投資に興味を持った人が増えています。
 色々な投資商品がある中で、外国為替証拠金取引(FX)は少額の資金から始められ、うまく運用すれば、一般的に利回りが良いと言われている外貨預金などよりも大きな利益が得られる事で人気が出ています。

 まずはFXの特徴やしくみを理解していきましょう。

 FXは、日本円と米ドル、日本円とユーロ、米ドルとユーロなどの異なる2国間の通貨を交換し運用する取引の事を言います。

 FXの最大の魅力はレバレッジ効果というものです。レバレッジ効果とは、証拠金を担保として投資金額以上の大きな金額の取引を可能にするもので、少ない証拠金でその数倍~数十倍の外国為替を取引可能にします。

特に為替マーケットでは、最高レバレッジが100倍となっており大変人気があります。

 また、取引通貨間の金利差も受け取れることも大きなメリットの一つです。これをスワップポイントと言い、例えば、現在金利の低い日本円と金利の高い他国通貨の取引では、外貨を「買い」の立場(日本円は「売り」の立場になります)ならスワップポイントを受け取ることができます。

 FXの魅力について簡単に触れましたが、投資にはリスク(損失)とリターン(利益)の両方が同等について回ります。大きな利益を求めるのであれば、ある程度大きなリスクを考慮しなくてはいけませんし、逆に小さな利益を目的とするのであれば、リスクも比較的小さなもので済みます。FXでは、このリスクとリターンをレバレッジを活用して投資家が自らコントロールすることが可能となっています。
為替が動く理由
為替が動く理由は、世の中すべての動きです。政治的な理由もあれば、経済的な理由もあれば、投資家の動きも含まれます。しかし、主な要因は3つです。「通貨の金利」「国の赤字」「トレンド」の3つです。

通貨の金利とは、金利が高い通貨は買われやすい。身近な例では、A銀行が1%、B銀行が5%ならば、多くの投資家はB銀行にお金を預け入れます。それと同じ理屈です。

国の赤字とは、赤字を抱えている国の通貨は売られやすい。身近な例では、A企業は毎年赤字、B企業は毎年黒字ならば、多くの投資家はB企業の株を買います。それと同じ理由です。

トレンドとは、過去買われている通貨は買われやすい。専門用語での1つです。身近な例では、ベストセラーで売れ続けている本と、廃刊になりそうな本のどちらが今後も売れるかを予想するならば、ベストセラーの本が売れそうです。それと同じ理由です。

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。