スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(短期投資+テクニカル分析)タイプ
(短期投資+テクニカル分析)タイプの投資戦略は、短期的なレート変動を事後的に認識し、素早くポジションを仕込み、さっと利益を得ようとします。。為替レートの変動に近い利幅を求める一方、新規ポジションが持つリスクを最小限にさせ、合理的で素早い投資を行います。

短期売買のため投資資金を常に保持することができますが、テクニカル分析によっているため、確率的に高いチャンスでない限り、大きくレバレッジを利かせるリスクはとらないでしょう。また、なんらかのテクニカル数値により、初期ポジションと利食いポイントを合理的に算出し、自動取引を行うことも可能です。外為投資は、他の金融商品と比べても、利用しやすい自動売買がすでにそろっているためです。



(短期投資+テクニカル分析)タイプの投資判断は、テクニカル分析ですが、長期的なトレンドを認識するのではありません。むしろ、ティックや分足チャートにより、短期的な為替変動を認識し、オシレータ系数値によって投資を行います。つまり、為替レートを可視化し、売買の触れ具合を投資判断にします。

例えば、ドル円相場でドルが7連騰。さらにドルが上昇しているとします。RSIを見ると、買い過ぎが85%を超え、5分後ドルが下落し始めました。その時点で、ドル買いの過剰感を認識してドル売りポジションを持つなどです。あくまで、テクニカル指標が売買のサインを出した後に、ポジションを保有します。


(短期投資+テクニカル分析)タイプの特徴としては、ニュースや経済指標などの思惑で取引をしない、クールさです。投資の際、通信社などから受け取る情報の多くは、ファンダメンタルズ的な要素ですが、それらには興味を示しません。

また、個人投資家の中には、(短期投資+テクニカル分析)タイプの投資家が少なくありません。その理由としては、外為投資では、チャートの利用が容易だからです。自分で計算することなく、ただボタンを押せばチャートが表示、あるいは売買サインを教えてくれます。ネット取引の恩恵の1つです。


スポンサーサイト
(短期投資+ファンダメンタルズ分析)タイプ
(短期投資+ファンダメンタルズ分析)タイプの投資戦略は、短期的なレート変動を予想し、事前にポジションを仕込み、利益を積み上げます。為替レートの変動ごとに収益機会を狙い、利回りを最大化させることが基本です。
(短期投資+ファンダメンタルズ分析)タイプは短期売買のため、投資資金を常に保持することができます。チャンスと見ればレバレッジを利かせて、一度に大きな利益も狙うことも可能。ただし、事前にポジションを仕込んでおくため、ストップ・オーダーを入れておくべきでしょう。

(短期投資+ファンダメンタルズ分析)タイプの投資判断は、ファンダメンタルズ分析。ただ、長期的な通貨対象国家の政治・経済状況を分析するのではない。むしろ、外為投資の場合は、速報性の高いニュースや経済指標に注目し、投資を行います。あるいは、市場の雰囲気や他の投資家の手の内を読むといった、市場感も重視されます。

例えば、ドル買いが進んでいる相場の中、翌日に米雇用統計の発表があるとします。(短期投資+ファンダメンタルズ分析)タイプは、米雇用統計の数字が弱いと判断。あるいは、市場センチメントも、米雇用統計は弱い数値を予想し始めたと判断します。



その場合、(短期投資+ファンダメンタルズ分析)タイプは投機筋のポジション調整などが発生すると判断。結果ドル堅調相場の天井でドルを売り、下落を確認後、底で買い戻そうとします。一般的には難しく感じますが、一種の第6感のようなものがある投資家には可能かもしれません。

つまり、(短期投資+ファンダメンタルズ分析)タイプの特徴としては、自分に対する強い自信が必要でしょう。他を圧倒する収益性は反面、リスクの高さを意味します。それを克服する強い自信が必要なのです。



ただ、個人投資家の中には、(短期投資+ファンダメンタルズ分析)タイプの投資家が少なくありません。その理由としては、外為投資が日本時間の22時前後に注目の材料の発表があるため。サラリーマンなども、材料での取引が可能です。特に、ポンドなど値動きの激しい通貨が人気のようです。

投資スタイルを決めるために・・・性格
性格とはあなたは行動派か思考派かを問うものです。

短期投資家で成功するには、チャートやニュースなど材料に対する反応の早さが必要です。一方、長期投資の場合、投資結果はシナリオ作成に依存するため、分析など知的な作業が必要です。イメージ的には、スポーツと勉強どちらが好きですか、といった質問に似ています。

あなたの為替への投資スタイルは決まりましたか?



投資スタイルを決めるために・・・資金
資金とは、どれほどの投資資金を用意できるのかということ。外国為替投資では5万円程度から、ドルやユーロなど主要通貨への取引が可能です。レバレッジを利用すれば、小額資金で大きな金額を動かすことも出来ます。

前節までで検討したように、短期投資は勝っても負けても利幅は小さい取引です。資金的な問題を抱えるような含み損を抱える可能性は低くなっています。つまり、小額資金の方も取引は可能です。

一方、長期投資は、トレンドに乗り大きな利幅を目指すため、短期的な値動きにより含み損を抱える可能性もある、我慢の必要な取引です。そのため、一定以上の資金量が必要です。

つまり、資金がある方は短期投資でも長期投資でも取引可能。一方、小額資金で投資をする方は短期投資の方が無難となります。

投資スタイルを決めるために・・・時間
短期投資と長期投資の特徴を踏まえたうえで、どのような条件の時に、両者は有効な投資となるのかを考えて行きます。そして、あなたがどちらの投資家に適しているを選択してください。

両者を比較する視点として、「時間」・「資金」「性格」を考えます。



時間とは
投資にどれほど時間を費やさねばならないかということ。当然、投資にあてる時間なしで資産が増え続ければ最高ですが、世の中それほど甘くはありません。投資には時間が必要です。

短期投資の場合、基本的に日々投資時間をつくる必要があります。経済指標や突然のニュースを知る必要があるためです。あるいは、5分足のチャートを眺めながらの成行き注文をする場合もあるでしょう。いずれにしても、一定時間、PC画面を見る時間が必要です。しかも、投資勘を維持するため、毎日一定時間を作る必要があります。

ただし、外国為替証拠金取引投資には優れた自動注文があります。それを使いこなせば、自分がPCを見る必要なく、自動的に取引を終える必要があります。かなり高度な投資技術のため、ここでは考慮しません。



一方、長期投資の場合は、ポジションを保有するまでは、米国や日本などの経済分析が必要なため時間が必要ですが、その後は基本的に時間をとりません。職場で携帯電話で情報確認などの必要性はありません。



つまり、時間に余裕がある人は短期も長期も行う条件を備えています。一方、日々仕事などで多忙な人には、長期投資しか行えないのが現実です。

もちろん、外為投資は24時間行える投資のため、忙しい方でも深夜あるいは早朝でも取引は可能です。ただ、取引をするには、注目の経済指標発表が集中するロンドン時間以降、日本時間で21-24時ぐらいに時間をとれればベターです。

残業が少ないサラリーマンや学生、あるいは自営業の方や主婦の方は、短期・長期どちらの投資方法も可能でしょう。一方、毎日深夜に帰宅するサラリーマンは長期投資に適しています。

長期投資
昨日のデイトレードに引き続き長期投資について・・・

長期投資とは、短期投資のように日々の値動きには心を揺らさず、長期的なトレンドに沿った投資で資産を増やす投資手段です。

ここでは1年程度の投資期間を想定します。2004年のドル円相場は101円台を示現するまでドル安に、一方2005年は120円を超えるほどのドル高に。トレンドにのればしっかり大きく資産を増やすことが可能です。

長期投資をする際には、基本的にポジションを保有する前に詳細な分析を行います。米国経済は堅調に維持するのか、双子の赤字は縮小するのか。一方、日本の金融緩和政策はいつ解除されるのかなどを調べ、シナリオを作成します。



シナリオを作成した後は、ポジションを保有。その後は短期投資家のように毎日PC画面を眺める必要はありません。たまに指値と逆指値を調整したり、週末にニュースを調べるなどをするだけです。もちろん、状況により、ポジションの量を増減させることはあるでしょう。

一般的な必勝法としては、長期的なトレンドにのって、大きな利幅・大きな利益を狙うことです。

デイトレのメリット
短期投資では、次のようなメリットがあります。まず、投資の軍資金を常に手元に置いておけるため、チャンスの時に、投資できないという間抜けな事態に陥りません。また、短期での値動きは小さいことから、1回の取引で、大きな含み損を抱えることや、大損失を被る可能性は低い。つまり、外国為替投資の特徴であるレバレッジを利かせた取引が可能となります。

ただし、短期投資で資産を増やせるか否かは勝率次第です。おそらく6-7割以上の勝率を確保しなければ、十分な利益は生まれないでしょう。管理人がマスコミに取り上げられた際、記者の方はTVなどに取り上げられるデイトレーダーの勝率は8割程度だと教えていただきました。

しかし、短期投資にはある程度反射神経のようなものが必要だとも伺いました。なぜなら、取引をする際、論理的に完全に納得する前に、売買判断をしなくてはならないためです。例えば、経済指標が発表された場合は通信社報道のヘッドラインで意思決定をしなくてはなりません。発表後、10分も20分も考えている時間的余裕はありません。

また、資産を数百倍にも増やす投資家も勝率90%は難しいとの話。そのため、短期投資で成功をするためには、損切り上手にならなければなりません。

今までをまとめると、短期投資で資産を増やすためには、こつこつ利益を積み重ねつつ、損きりは徹底することが重要だとなります。そして、PC画面を見ながら、判断を素早くすることのようです。


短期投資(デイトレ・スキャル)
短期投資とは、米国やユーロ圏の長期的な経済情勢や財政情勢を分析して投資をするのではなく、短期的な材料や思惑的な値動きを利用して利益を上げる投資手法です。

ここでは、一日から数日間でポジションを保有し決済することを想定します。短期的な材料とは、各国が日々発表する経済指標となるでしょう。突然の事件、例えばテロやハリケーンなども材料になります。あるいは、注目の経済指標を控えての投機筋のポジション調整なども挙げられます。

TVなどで取り上げられるデイトレーダーをイメージしてもらえばよいでしょう。短期投資をする場合、基本的に、PC画面にチャートや通信社などが伝えるニュース画面を眺めながら、「成行き」で投資を行います。

チャートが売買サインをだした場合や、テロなどの事件が報道されたことを確認後、為替の方向性を予想し、投資を行います。

一般的な必勝法としては、小さな利益をこつこつ積み上げていくことです。



例えば、1ドル=105円の時に、5万ドルをドル買い。同日、1ドル=105.50円の時に決済すれば、利益は2万5千円。同日、損きりを、104.70円に設定していれば、損失は1万5千円です。この投資方法を、2勝1敗1分けで繰り返していけば、月に17万5千円の利益になります。現在、手数料無料の取引業者もあるため、短期投資で勝つ可能性は高まっています。

動きがそれほど大きくないドル円相場でさえ、一日の値幅(高値-安値)は、1円程度は発生します。そのため、短期投資は、一日で決済まで行える可能性が高い投資方法です。外為投資は24時間取引可能なため、サラリーマンが帰宅後にデイトレードをすることも可能でしょう。

短期投資と長期投資
世の中には2通りの投資家がいます。短期投資家と長期投資家です。
あなたなら、FXトレードする場合どっち派?

【短期投資擁護派】
1.短期投資は、投資資金を塩漬けにすることがないから、資本効率が良い。
2.長期のことなんて誰も分からない。短期投資で、こつこつと儲けた方がいい。損がでても小額だ。
3.なんといっても、デイトレーダーで、億万長者になった人がテレビに出ている!


【長期投資擁護派】
1.株式市場の長期チャートを論拠にして、実は、短期よりも長期投資のほうが、結果的に高利回りだ。
2.短期投資は、時間対効果で考えれば、効率が悪い。
3.短期的な動きは理屈で説明できない。トレンドに沿った投資の方が、確実だ。



どちらも、納得いくものです。短期投資で巨万の富を得たラリー・ウィリアムズ、長期投資で世界一の投資家と呼ばれるウォーレン・バフェット。いずれの方法でも世界的に有名な投資家が存在します。そのため、各擁護派は相容れない関係が続いているようです。

レバレッジ派の投資2
外国為替証拠金取引投資の際には、人により保有通貨数を決めていたり、元本の上下によって保有数を変動する人もいます。つまり、元本が100万円でも120万円でも5万通貨の取り引きをすると決めている方。一方、元本が120万円に増えた場合は、保有通貨数を6万通貨に増加させる方などです。なお、保有通貨数は建て玉とも呼ばれます。

レバレッジ派のリスク
レバレッジ投資にはリスクも存在します。先の例で、レバレッジ1倍の方は元本を80万円に減らします。レバレッジ5倍の方は、元本を失う可能性もあります。レバレッジ10倍の方は、強制的な損切りや追加保証金が必要な場面もあります。

そのため、初心者の方はレバレッジを控えて投資を行うことが基本です。投資暦を積み、投資力が付けば、レバレッジを利用して大きく儲けることが可能です。多くの取引業者でレバレッジは10倍以上可能で、取引業者によれば400倍もの投資が可能です。力さえあれば、元本がなくても投資利益は青天井といえるでしょう。

レバレッジ取引とは、トレード画面でレバレッジ「ボタン」があるわけではありません。あくまで、元本(預け入れ保証金)と為替レートの比率を示す通称に過ぎません。そのため、投資家の多くは、自分が今レバレッジ何倍で取り引きをしているのかは、およその感覚で理解しています。
レバレッジ派の投資術
外為投資(FX)の通常の投資術をお伝えします。スワップ金利ではなく、為替レートの変動によって資産を増やす投資術です。一般的に、外為投資を行う投資家は、元本以上の投資を行います。これを、レバレッジ投資といいます。

レバレッジ投資をする理由は、為替レートの変動幅が、株価や商品価格などに比べ、とても小さいからです。ドル円相場で例えると、現在1ドル=120円程度ですが、1ドル=12円(10分の1)になることも、1ドル=1200円(10倍)になる可能性もほぼ皆無です。つまり、元本内で投資をしていれば、とても安定的と言えます。

ただ、その安定性は、運用利回り100%以上を目指すような投資家には十分ではありません。そこで、資産形成を素早く行いたい投資家は、レバレッジを利用して、大きく儲けることを目指します。一般的に、初心者の方でレバレッジ5倍以下、中級者になると多くの投資家がレバレッジ10倍程度で運用をしているようです。

スワップ派の考慮事項その4
スワップ金利は各取引業者によって異なる点が挙げられます。例えば、同じドル円でも、10万通貨あたり1日1470円の取引業者がある一方、1日1350円の取引業者もあります。

前述したように、スワップ金利も為替レートよりは小さいものの変動しています。そのため、リアルタイムで各社を比較することは困難です。ただ、取引業者によってスワップ金利を他社よりも有利にしようとする取引業者もあるようです。スワップ派に人気のある取引業者には、セントラル短資などがあります。

つまり、スワップ派の投資術は、まずスワップ金利を優遇する取引業者を選び、為替変動に注意しながら、キャリートレードを行うことになります。低金利の円かスイスフランを売り、高金利のポンド、ドル、NZドルなどを買うのが一般的です。



外国為替投資で年利10%程度を目指して、ゆったりと毎日の金利収入で、資産形成をしていきましょう。

スワップ派の考慮事項その3
外国為替で「低金利の通貨を買い、高金利の通貨を売る」ポジションを保有しないことです。この場合、逆にスワップ金利を毎日支払うことになります。また、多くの取引業者で、受け取る金利よりも支払う金利の方が高くなっています。例えば、ドル円10万通貨のスワップ金利について、受取額が1400円の場合、支払額は1450円などに設定されています。

そもそも、スワップ派は、キャリー・トレード投資スタイルです。為替変動によって利益を求めるのではなく、スワップ金利で安定的な利益を求めることにその特徴があります。高金利通貨を買い、低金利通貨を売りましょう。

スワップ派の考慮事項その2
FXをはじめる前に把握しておくべき事柄について・・・

昨日の続き。。。
考慮事項その2

為替レートの動きに注意が必要なことです。金利動向は為替レートよりも安定的。そのため、スワップ金利は安定的に受け取ることが出来ます。一方、為替レートは大きく変動する可能性があります。

例えば、ドル円は2005年、101円台から一時121円台まで上昇しました。この場合は、スワップ金利も為替変動益も得ることが出来ます。仮に10万通貨でドル買いポジションを保有していた場合、スワップ金利を48万円とし、20円の変動益を取ることが出来れば、248万円の利益になります。

一方、ドル円が121円から101円まで下落した場合は、スワップ金利で48万円利益が出ても、為替変動損で200万円ですから、トータルでは152万円のマイナスになります。スワップ派は低レバレッジで長期的な運用を目指す必要があります。

スワップ派の考慮事項その1
外国為替証拠金取引をはじめる前に知っておこう!!

スワップ金利は、各通貨の金利差を利用しての投資術です。そのため、金利動向にスワップ金利の受取額は左右されます。現在の高金利通貨、ポンドの金利が大幅に下落する一方、円の金利が大幅に上昇すれば、受取額は減少します。

ただし、各国の金利は1年を通じてそれほど大きく変化するものではありません。為替レートの変動幅に比べれば小さなものです。そのため、スワップ金利収入は事前の見込み程度は、安定的に得ることができます。

2006年の各国の金利政策の一般的な見通しは、ポンドに関連しては据え置き模様。ドルは年初に1度か2度の利上げが行われた後は、不透明。NZドルは年初に利上げの可能性。一方、年後半は経済の減速を受け利下げの可能性も。豪ドルは据え置き。一方、低金利通貨の円は据え置き。スイスフランは、複数回の利上げの可能性もあると考えられています。

スワップ派の投資術
為替投資

スワップ金利収入を得る具体的な手法は、とても簡単です。単にポンド円やNZドル円の買いポジションを保有するだけです。相場が上がろうが下がろうが、スワップ金利の受け取りに関係はありません。単に保有するだけでです。それだけで、365日、金利収入が入ってきます。

とても魅力的な投資術です。

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。