スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スワップ派の投資術
スワップ金利目的の投資を行う投資家を、俗にスワップ派と呼びます。スワップ金利目的の投資は、「安い通貨を売り、高い通貨を買う」戦略です。

「キャリー・トレード」とほぼ同義語になります。キャリー・トレードとは、機関投資家の間で一般的な投資方法で、「金利の低い通貨で資金調達し、金利の高い通貨で運用して利ざやを稼ぐ手法」です。例えば、1%で1億円借りて、5%で運用すれば、500万円(受取利息)-100万円(支払利息)=400万円の利益が出ます。

外国為替投資では、このキャリートレードを簡単に行い、かつ毎日金利収入を得ることができます。そのため、スワップ金利目的の投資は大変人気があります。

スポンサーサイト
外国為替のすすめ
年金・社会保障問題が叫ばれる中、個人が自己責任によって、金融取引を行わなければならない、社会的な変化も起こり始めています。

特に、2004年からペイオフが解禁され、銀行に預けている預金は1,000万円までしか保護されなくなりました。さらに、日本の銀行に預金を預けていても、金利収入はすずめの涙ももらえません。

しかし、米ドルや豪ドルなどは4%以上の金利が発生しています。そうした高金利通貨に対して、日本の個人マネーが動き始めていることも背景です。

つまり、自分の将来に対して、自己責任によって、自分の資産を増やし運用しなければならない時代が到来。それに見合った投資が、外国為替投資なのです。

外為投資って何?
外国為替投資では、日本国通貨と外国通貨の売買を行い、資産を増やすことが可能です。具体的には2通りの方法があります。

1つ目は、為替の変動を予想することによって、売買益を得る方法です。金融投資の正統的な手法です。

2つ目は、各国の金利差を利用して、金利収入を得る方法です。この金利収入のことを、スワップ金利(スワップポイント)と呼びます。外為投資では、2つ目の方法を利用する投資家のことを俗に、スワップ派と呼びます。

前者に関しては、例えば、100万円を元手に1ドル=100円の時に10万ドルを購入し、1ドル=120円の時に1万ドルを売却。資産は3倍の300万円になります。外為投資では、元手以上の投資が可能です。これをレバレッジ投資と呼びます。

後者に関しては、例えば、100万円を元手にドルを10万通貨購入。日米金利格差により、一日約1000円程度の金利収入になります。

2005年7月に法改正が行われ、安全な投資環境が整いつつある中、株に変わる新しい投資対象として、注目を浴び始めています。

外国為替2つの投資術
外為投資FX)の投資術は2つのタイプがあります。1つはスワップ金利を目的にした投資術。もう1つは、レバレッジ取引による投資術です。どちらを選ぶかで、投資技術はまったく異なります。

まず、スワップ金利を目的にした投資家は俗に、「スワップ派」と呼ばれています。「金利の安い通貨を売り、金利の高い通貨を買う」のがスワップ派の投資術です。利回りの目安は年10%程度です。

一方、レバレッジを利用した投資家は俗に、「レバレッジ派」と呼ばれています。「上がる(下がる)と予測する通貨を買い、下がる(上がる)と予測する通貨を売る」のがレバレッジ派の投資術です。利回りの目安は年50%以上です。



どちらの技術を学ぶべきなのか?
FXと外貨預金「安全性の比較」


誰も将来の為替を予測できないとして、安全面を考えてみます。為替レートは、上がったり下がったりを繰り返します。ただし、その期間は誰にも分かりません。

そうであれば、為替レートで利益を出すためには、利益が出たときに、決済(解約)をするということになります。そのためには、いつでも決済(解約)ができる環境になければなりません。

さらに、保守的に考えた場合でも、損失がいくらになったら決済(解約)と決めておいて投資をする方法もあります。この場合でも、いつでも決済(解約)ができる環境になければなりません。

それに唯一対応しているのは外為投資です。ほとんどの取引業者で、月曜日早朝から土曜日深夜まで、24時間取引が可能です。

次に、投資対象通貨が、下落トレンドの時に対応できるかどうかを考えます。この場合も、外為投資だけが対応できます。

最後は、取引を誰が運営・管理するのかという問題があります。定期外貨預金のように管理できないのは論外ですが、自分が安全かファンドマネージャーが安全かは微妙なところです。

自分で投資を学べば、今後の社会を考えた場合、年金など自分で資産運用を行う力を得ることができます。また、投資信託の顧客が現在の高齢富裕層であることも考慮し、自分がどの世代に属しているかを考えるべきでしょう。

オンライントレードもオススメです。

外為投資の取引の種類
外為投資投資システムには、個人投資家に有益なオーダー(注文)が可能です。主に2点が大きな特徴です。

1.買いからでも、売りからでも、自由に新規注文ができる
2.取引を自動的に、始められる・終わせらせる



外為投資は新規注文の際、売りからでも買いからでも可能です。株と異なり、売りから入った場合に、なんらかの制限が入ることもありません。

例えば、もし、あなたがドルはこれから上昇すると思った時だけでなく、これからドルは下落するだろうと思った時にも、新規注文を行うことができます。

外為投資では、これから下がるであろう通貨を見つけることでも、利益を上げることが可能なわけです。そして、外為投資では売りからの新規注文も、ごく当たり前に行われています。

つまり、利益を獲得する機会が2倍あるということです。

投資判断の基本2
ドル円で取引をする場合、「ドルを買って円を売るか」・「円を買ってドルを売るか」、どちらかを決めなくてはなりません。

その際の判断になる代表的な材料として、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。

ファンダメンタルズ分析とは、国の経済力を計るための「経済の基礎的な条件」と略され、具体的には、「経済成長率」「国際収支」「金利」「物価上昇率」「失業率」などが挙げられます。

2004年には、国際収支に注目が集まりドル安となりました。いわゆる、米国の双子の赤字と呼ばれるものです。逆に、2005年には「金利」に注目が集まり、ドル高となりました。

一方、テクニカル分析とは、過去の為替変動をチャート化し、今後の為替の動きを予想するものです。代表的な「ローソク足」に加え、「移動平均線」「相対力指数」「MACD」「一目均衡表」などがあります。

また、上記2つ以外にも、星の動きを判断にする方もいます。満月の日に「人民元の切り上げがある」などでしょうか。あるいは、単に野生の勘で取引をする方もいるかもしれません。

そうした判断材料を元に、「ドルを買って円を売るか」・「円を買ってドルを売るか」を決めます。



投資判断の基本
外国為替取引は基本的に「ある通貨を買い、ある通貨を売る」取引をすることになります。一般的には、円とある通貨の取引となります。例えば、「円を売ってドルを買う」といった取引です。

ただ、外為投資は、取引業者のシステムの規模によって「豪ドルを売って、ドルを買う」とった取引も可能です。その理由は、豪ドル円の比率とドル円の比率を計算して、取引が可能なのですが、難しいので次のイメージで良いと思われます。

「外為投資は、例えば30万円の証拠金を預け入れれば、取引業者が決めた金額の範囲内で、自由に為替取引が出来る投資だ」と。

外為投資FXのリスク
外為投資には、様々なメリットがある事を見てきました。しかし、同時に、注意しなくてはならないこともあります。つまり、ここでは、リスクを説明します。リスクは大きく分けて以下の2つです。

1.取引業者に関するリスク
2.投資家の投資スタイルに関するリスク



外国為替投資には取引業者に関するリスクがありました。最初に結論を最初に言えば、その環境は大幅に改善してきています。

外為投資は98年に個人に解禁された新しい金融取引で、しかも監督省庁がなかったために、悪徳業者が存在をしていました。顧客の資金を持ち逃げしていたのです。

有名な事件は、2003年11月に発生したフォレックスジャパン事件です。その事件とは、「フォレックスジャパンが、取引先の台湾のユニライン社の破産という理由で、5000人の顧客から合計200億円を預かった状態で、投資家への返還を停止した」という大きな消費者被害事件です。その被害総額は、125億円と言われています。
FXをはじめるための心得
FXをはじめるための心得

投資をする際には、短期投資か長期投資かがポイントになってきます。短期投資とは、1日のうちに何回も投資する頻度から、1週間程度を想定できます。一方、長期投資とは1年以上が想定できます。その間は中期投資となるでしょう。
大切なことは、両者の違いは、レートの変動幅です。例えば、円ドルレートを考えた場合、一日に10円も動くことはありません。しかし、1ヶ月ならば、その可能性はあります。

そうならば、投資に勝つためには、それぞれ次のような投資戦略になります。

デイトレード>利幅狭め*勝率高め
中長期トレード>利幅広め*勝率普通

ここでの勝率は、どの程度を目標にすれば良いのでしょうか。成功したデイトレーダーでも勝率は80%割程度と聞きます。もちろん、調子が良い時は、次々に自分の予想した通りにレートが動く場合があります。しかし、それは投資時期のある一時期だけとのことと考えるべきです。

初心者の方ならば、デイトレードで勝率6割、中長期トレードで5割勝てる投資力をつけることから始めるべきだと思います。

投資の哲学?
外国為替証拠金取引をはじめる方へ

■勝利の哲学
勝ちは大きく、負けは小さく

投資技術の方法
1.短期トレード(デイトレード)
2.中長期トレード

どんな投資技術も100%の勝利はありえません。投資100連勝という投資技術があれば、それはうそだと思いましょう。

そうなれば、「勝つ時は大きく、負けるときは小さく」を達成するしかありません。それが可能であれば、仮に1勝9敗でも、資産を増やすことが可能です。

投資をする際には、これを徹底して行きましょう。


おすすめはオンライントレード!
為替取引には国境はありません。1日の取引はニュージーランドのウェリントンから始まり、東京、香港、シンガポール、ヨーロッパ大陸、ロンドン、ニューヨークと続きまたウェリントンへと戻ります。東京、ロンドン、ニューヨークは世界三大金融センターとして知られています。

金融市場が休場の週末を除き、毎日24時間お取引いただけます。

やっぱりFXするならオンライントレードがオススメです。
リスク回避
どの通貨ペアの取引にもあてはまることですが、相場の先行きが不透明な状況に陥った時には、いつでも逃げられる手を打っておく必要があります。
そのために注意したいことは、出要があり来るだけ流動性の高い通貨で取引をすること。流動性の低い通貨を買って、その通貨が暴落しそうだということで売ろうとしても、すでに他の投資家もその通貨を売りに走っているため、自分の売り注文が成立しにくくなり、そうこうしている間に損失がどんどん拡大するという状況にもなりかねないからです。
また、他の通貨ペアを用いて、自分が保有している通貨ペアのリスクをヘッジすることもできます。たとえば、米ドル買い・円売りを行なっている場合、円高が進むと為替差損を被ることになります。このような場合、同時に米ドル買い・ユーロ売りを行なっておけば、状況次第では米ドルがユーロに対して値上りしていることもあり、この部分で確保できた為替差益によって、米ドル・円の通貨ペアで被った為替差損を相殺できる可能性も高まってくるのです。
ただ、他の通貨ペアでヘッジをかけようとしても、その思惑通りに相場が動くとは限りません。最悪の場合、両通貨ペアで為替差損を被ってしまう恐れもあります。ですから、何よりも大事なことは、流動性の高い通貨を選ぶことによって、いつでもポジションを解消して逃げることのできる体制を作っておくことなのです。

為替ニュース・・・061108
7日のニューヨーク外国為替市場では、米中間選挙での民主党優勢との見方や、日銀の利上げ観測の強まりからドル/円は117円台前半まで下落した。ユーロ/円は150円台前半での狭いレンジ内取引となった。

 本日の東京外国為替市場では、7時30分に豪準備銀行政策金利の発表があり予想通りの0.25%の引き上げとなるも、逆に豪ドル売りが先行する展開となっており、豪ドル/円は下落商状で91円台割れとなっている。また、9時30分には豪・9月ハウジングファイナンスの発表があり、豪ドルは要注意である。全般的には日銀による利上げ観測の強まりから円は買われ易い状況と思われる事から、クロス円絡みでは押し目買いの戻り売りといった短期的な売買に適した相場展開となるのではなかろうか。
クロス円って何?
外国為替の豆知識です。

「ユーロ・円」、「豪ドル・円」という通貨ペアを見ると、ユーロと円の取引、あるいは豪ドルと円の取引というイメージが強いのですが、実際に取引が行なわれる時には、一度、米ドルを間に介在させて取引されるのが一般的です。たとえば豪ドルと円の通貨ペアの場合は、たとえば円を売って米ドルを買うと同時に、米ドルを売って豪ドルを買うという取引を同時に行ないます。これがクロス円取引と呼ばれるものです。基本的にカナダドルや豪ドル、ニュージーランドドルといったドル表示の通貨と円を取引する際は、米ドルをキーカレンシーとして取引するのが普通であり、スイスフランと米ドル、あるいは英ポンドと米ドルなど一方に欧州通貨を取引の対象とする場合は、間にユーロを介在させてクロス取引が行われます。ただし、欧州通貨と円の取引を行なう場合には、間に米ドルを介在させたクロス取引が一般的です。

どの通貨ペアの取引にもあてはまることですが、相場の先行きが不透明な状況に陥った時には、いつでも逃げられる手を打っておく必ます。
そのために注意したいことは、出要があり来るだけ流動性の高い通貨で取引をすること。流動性の低い通貨を買って、その通貨が暴落しそうだということで売ろうとしても、すでに他の投資家もその通貨を売りに走っているため、自分の売り注文が成立しにくくなり、そうこうしている間に損失がどんどん拡大するという状況にもなりかねないからです。
また、他の通貨ペアを用いて、自分が保有している通貨ペアのリスクをヘッジすることもできます。たとえば、米ドル買い・円売りを行なっている場合、円高が進むと為替差損を被ることになります。このような場合、同時に米ドル買い・ユーロ売りを行なっておけば、状況次第では米ドルがユーロに対して値上りしていることもあり、この部分で確保できた為替差益によって、米ドル・円の通貨ペアで被った為替差損を相殺できる可能性も高まってくるのです。
ただ、他の通貨ペアでヘッジをかけようとしても、その思惑通りに相場が動くとは限りません。最悪の場合、両通貨ペアで為替差損を被ってしまう恐れもあります。ですから、何よりも大事なことは、流動性の高い通貨を選ぶことによって、いつでもポジションを解消して逃げることのできる体制を作っておくことなのです。



外国為替証拠金取引の仕組み
外国為替保証金取引は、少ない資金で大きな取引ができるという特徴があります。これは、「保証金」という仕組みによって成されるものです。

たとえば1万ドルの外貨預金で運用しようとした場合、1ドル=120円であれば、総額で120万円の資金が必要になります。ところが外国為替保証金取引の場合は、同じ1万ドルの米ドルを売買するに際して、それよりもはるかに少額の保証金を納めれば、取引できるのです。最低保証金の額はFX会社によって異なりますが、たとえば1万ドルの米ドルを取引するのに必要な保証金額は、10万円程度で済みます。

簡単に言うと、保証金を担保にして、外貨を売買するのに必要なお金を借りるという感覚です。10万円を担保として預けることによって、1万ドルの外貨を買うのに必要な信用を受けることができるのです。

この仕組みによって、少額の元手で、より大きな金額の外貨取引が可能になっているのです。

外国為替証拠金取引の基礎・・・損したらどうなる?
外国為替レートは常に変動しています。当然、値上がりすると思って買った通貨が値下がりすることもあります。この場合、為替差損を被ることになります。

FXの場合、多くの投資家はレバレッジをかけて運用します。このレバレッジを高めにすると、利益が大きくなる代わりに、損失も大きくなるということを頭に入れておいて下さい。レバレッジを高めるほど、FXのリスクは高まっていくのです。

たとえば、10万円の保証金で、1ドル=120円の時に1万米ドルを買ったとしましょう。ところが、その後、1ドル=115円までドル安円高が進んだらどうなるでしょう。そう、120万円が115万円になりますから、5万円の為替差損が生じることになります。つまり、保証金に対して半分もの含み損が生じてしまうのです。

FXは、最初に預けた保証金に対して50%を超えて損失が膨らむと、その時点で取引を終了させるか、新しく保証金を追加して、保証金の担保力を上げる必要があります。また、さらに損失が拡大して、保証金に対する損失額が80%を超えると、その時点で強制的に取引が終了されます。

強制的に取引が終了されてしまったら、大きな損失を被ることになります。そのような事態を回避するためにも、自分の見通しがはずれたと判断した時には、早めに取引を終了させ、損失を少しでも小さく抑える工夫をする必要があります。

外国為替証拠金取引をはじめるには
外国為替証拠金取引をはじめるには

まずはコスト比較です。為替手数料とスプレッドを合わせてチェックしましょう。

コスト比較が終わったら、破綻リスクへの備えをチェックする必要があります。つまり、取引している会社が破綻した場合、自分が預けた保証金が守られるかどうかです。保証金を信託銀行に預けて分別管理を行っているFX会社であれば、破綻しても保証金が守られるので安心です。

コールセンターの有無も大事なポイントです。FXはネット取引が主流ですが、FX会社のシステムがダウンした場合に備えて、そのような状況下でも取引を継続できるよう、コールセンターを通じての発注が可能なところを選ぶといいでしょう。

通貨の種類については、多ければ良いというものではありません。取引をするのに十分な情報が入ってこないようなレアな通貨での取引は、リスクを高めるだけです。米ドル、ユーロ、豪ドル、ニュージーランド・ドル、スイスフラン、英ポンド程度の種類があれば、十分です。
Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。