スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
為替の豆知識・・・レバレッジ
レバレッジとは手持ちの資金よりも多い金額を動かすことをいいます。株式でいえば『信用取引』に当たります。
外国為替ではこのレバレッジを生かすことにより、少ない証拠金で多額の外貨を取引することが可能になります。

例えば、10万円を証拠金としてブローカー(取引仲介業者)に差し出し、USDを100円で10万ドル(1000万円)分買うことが出来たりします。この場合1円上がれば10万円儲かるわけですから、単純に10万円の元手が倍になったわけです。

このレバレッジという仕組みこそ外国為替取引の醍醐味といえます。
スポンサーサイト
為替・・・マーケットコメント・・・060927
26日のニューヨーク外国為替市場では、米経済指標の好結果や、福井日銀総裁辞任の噂を受けてドル/円は116円台前半から117円台前半まで上昇した。ユーロ/円は日銀総裁辞任の噂や、対中報復関税法案「シューマー・グラム法案」の採決遅れを受けたユーロ買いに148円台後半まで上昇する展開となった。ポンド/円は一時222円台を回復するも221円台後半で取引は終了となっている。

 本日の東京外為市場では、特段目新しい材料も無い事から昨日のNY市場の流れを受けたドル買い優勢の相場展開が予想されるものの主だった経済指標の発表が夕刻以降に集中している事もあり、全般的にはクロス円で大きく上昇するには材料不足といった感は否めないが押し目があれば買って見るのも一考かと思われる。
為替ニュース・・・060926
25日のニューヨーク外国為替市場では、米利下げ観測によるドル売り意欲が根強いものの、米8月中古住宅販売件数が予想を上回る強い結果となったことを受けショートカバーで下げ止まりドル/円は116円台半ばまで反発する展開となり、結局は116円台でのレンジ取引に終始した。ユーロ/円は、原油価格が一時60ドルを割り込んだことからユーロ売りが先行するかたちとなり、148円台前半まで下落する展開となった。

 本日の東京外為市場では、朝方7時45分発表のNZ・8月貿易収支(予想7.15億NZドルの赤字)が、結果9.61億NZドルの赤字で予想より赤字幅拡大となりやや売り先行となるも下げ幅は限定的で、逆に押し目買い優勢の展開となっている。特に東京タイムではこれといった材料が無い事から、仕掛け辛く方向感に乏しい相場展開となりそうで、ドル/円は116円台での狭いレンジ内取引となりそうだ。
外国為替
よく、「FX(外国為替証拠金取引)は、危険だ」、ということを耳にします。このようなことをいう方は、証拠金取引、つまりレバレッジ取引は、レバレッジを高くするとその分リスクが高くなることを危惧して言っているのだと思います。


しかし、そうであるならば、レバレッジかけなければいいだけです。


レバレッジをかけなければにすれば、外貨預金とリスクの違いは生じません。しかし、手数料など、FX(外国為替証拠金取引)のほうがはるかに大きなメリットがあります。


最初は、小さいレバレッジで投資をはじめ、利益がでるようになったら、レバレッジをあげていけば、いいのです。


お金持ちの投資は、必ずレバレッジを使います。


FX(外国為替証拠金取引)は、その人の投資レベルに合わせて、レバレッジをコントロールすることができる、すばりしい投資手段なのです。

強い投資家になるための必須の投資手段。それが、FX(外国為替証拠金取引)です。


外国為替証拠金取引の話
FX(外国為替証拠金取引)とは、通貨の売り買いをすることです。

簡単に言えばつまり、海外旅行に行くときに旅行先の通貨に両替しますよね。
それと同じことです。

昔、1ドルが100円くらいの時がありました。
100円玉と1ドル札が同じ価値だったわけです。

この時、100円を1ドルに両替しておけば、あなたの財布の中に1ドル札があることになります。

さて、今、1ドルはいくらだと思いますか?
だいたい、117円くらいです。


昔あなたが手に入れた1ドル札は、いま両替すると、100円ではなく117円なんです。
17円儲かりましたね♪

これをFXではもっと大きい金額でやります。

1000ドルとか、1万ドルという単位でやります。


「えっ、1万ドルって、いまなら117万円!? とてもじゃないけど、そんなお金はないよ~」
そうお思いかもしれません。


ご安心ください。117万円もいりません。取り扱い業者によっても違いますが、最低10万円くらいで、1万ドル買うことが可能です。

その10万円が証拠金というもの。
この証拠金を担保に10倍以上のお金を取引できることを
外国為替証拠金取引、通称FXといいます。



アジア株式市場は下落 外国為替市場は冷静 タイ政変受け・・・20日ロイターニュース
20日の東京株式市場は朝方から、自動車などタイ進出企業の銘柄で売りが先行。午後はアジア各国の株安を受けてさらに下落し、日経平均株価は一時、前日比250円超の下げ幅となった。

 終値は同155円61銭安い1万5718円67銭。東京証券取引所1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同21.80ポイント低い1570.18で取引を終えた。出来高は15億6000万株。

 アジア市場ではフィリピンの株価指数が一時、前日比2.5%近く下落。韓国、台湾、シンガポールも朝方から売りが広がった。タイ市場は臨時休場になった。

 市場には「タイから始まった97年のアジア通貨危機の連想売りもあった」(三橋宏・新光証券グローバルアナリスト)というものの、徐々に影響を慎重に見定める空気が広がり、終値は小幅下落にとどまった。

 20日の東京外国為替市場の円相場は、朝方は1ドル=117円台半ばの小動きで、その後は円高が進んだ。アジアの投資資金がドル資産に逃避するとの観測もあったが、情勢を見極める空気が強く、円を含むアジア通貨が売り込まれる展開とはならなかった。
2006年09月20日19時47分
外貨,定期預金と外国為替証拠金取引
外貨普通預金は銀行の営業時間内であればいつでも可能です。しかし、金利がきわめて低いことから、外貨運用手段としての魅力に欠けます。しかも、手数料も高く、何か儲けを金融機関に吸い取られている気分になります。

外貨定期預金は比較的金利が高いため、資金運用手段の一つにされている方も多いようです。しかし、定期預金はあらかじめ決められた預け入れ期間がありますので、預け入れ期間中にドル高円安に動き、かなりの含み益が出たとしても中途解約はできません。つまり、儲けるタイミングを指を加えてじっと見ているしかないのです。

外国為替証拠金取引外国為替市場が開いている時間(日本時間月曜午前7時~ニューヨーク時間の金曜午後5時)であれば、24時間いつでも決済が可能です。ですから、定期預金のように解約できずに絶好のチャンスを逃すということはありません。
投資家にとって、外為証拠金取引は、いつでも為替差益を獲得できる投資先なのです。つまり、外貨預金とは違い、いつでも決済できる機動性が特徴です。
円相場・・・060919
19日の東京外国為替市場の円相場は、正午現在1ドル=118円03~06銭と、前週末(117円63~66銭)に比べ40銭の円安・ドル高となった。
外国為替証拠金取引のリスク
外国為替証拠金取引には様々なリスクが伴います。取引を開始される前に取引に伴うリスクについて十分に理解する必要があります。外国為替証拠金取引は元本が保証された取引ではありません。取引の指標として外国為替レートを使用するため、外国為替レートが不利な方向に変動した場合には、損失を被ることとなり、マーケットの変動如何によっては預託した資金をすべて損失として失うこともあります。外国為替証拠金取引はすべての投資家に無条件に適しているものではありません。よって、取引目的、経験、知識、財政状態、財務計画など様々な観点から自分が取引を開始されることが適切であるかどうかについて十分にご検討したほうがよいと思います。外国為替にはリスクがともなうことも理解してください。
外国為替のおすすめ参考書☆
外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法」
著者:山根亜希子

30過ぎたばかりの普通のOLである著者が、外国為替証拠金取引(FX)投資1年、出社前・退社後の1~2時間の投資で、月20万円を稼ぎ続けている、その手法と実際を解説します。
外国為替証拠金取引(FX)は、実は株より攻めやすく、儲けやすいのです。
本書では、外国為替証拠金取引(FX)の基本から、比較的リスクの低い外貨預金や外貨MMFの代替として使う方法と、為替差益で大きなリターンを狙っていく方法の2つの使い方をわかりやすく解説します。

こんなの見つけました。
外国為替の取引
外国為替の価格形成に力を持つ市場があります。これは『インターバンク市場』と呼ばれ、取引規模の面で信用力が高い銀行だけが参加しています。 これら取引規模が大きい市場~インターバンク市場で決まる値段は、通貨交換レートのベンチマーク(基準)となります。
外国為替の方向性を見極める・・・フィボナッチ・リトレースメント
為替取引で多く使われるのが、フィボナッチ・リトレースメントです。 フィボナッチ・リトレースメントとは、目標価格を推測する方法で、安値と高値から戻りを計算します。 計算は簡単で高値から安値を引き、その変動幅の38%、50%、62%が押し目買いのポイントと予測するものです。 トレンドの勢いが強い場合は38%、勢いが弱い場合には62%、半値戻しの50%となります。

 短期売買のトレーダーは、その日の朝、まず前日の高値と安値を調べます。電卓を片手にこの3つのポイントを計算するために。 皆さんも是非、毎日計算してみてください。面白いほどあてはまります。 そして最も注意しなくてなならないことは、そのポイントの裏側にはストップロスのオーダーがあることです。 相場は、ストップロスをのみ込んで成長します。その成長率が1.618となんらかの関係があるかどうか、研究してみてください。

移動平均線その2
多くの市場参加者は21日線を意識します。21日線と価格の相対的な関係を見ます。 たとえば、上昇過程にあるトレンドにおいて、21日移動平均線を価格が下抜けた場合には、短期的な売りシグナル点灯となりますし、 その逆に、下降過程にあるトレンドおいては、21日移動平均線を価格が上抜けた場合には、短期的な買いシグナル点灯となります。
 また、機関投資家や信託銀行は、この21日移動平均線を重んじているところも多く、21日移動平均線が上昇から水平の状態に入ると大量のヘッジ売りを行なうという話もあります。
また、他の移動平均線と組み合わせ、線と線とが交わるところをゴールデンクロスやデッドクロスと呼び、トレンドの終わり又は転換のシグナルとして利用します。 この時に用いる線の基本は、90日線、200日線です。これらの線を原型に日数を変化させ、自分のトレードにあった移動平均線を描きましょう。

為替のテクニカル分析 - 移動平均線
移動平均線はその仕組みの単純さからトレンド分析の原型とされ、多くの投資家から利用される信頼できる分析技法と言えるでしょう。 描かれる湾曲した曲線がトレンドそのものを示します。トレンド分析とは、オシレーター分析と異なり、将来の値動きを予測するものではありません。 移動平均は、相場と遅行する曲線を描く性質から、トレンドを確認する目的で利用します。
移動平均線はその仕組みの単純さからトレンド分析の原型とされ、多くの投資家から利用される信頼できる分析技法と言えるでしょう。 描かれる湾曲した曲線がトレンドそのものを示します。トレンド分析とは、オシレーター分析と異なり、将来の値動きを予測するものではありません。 移動平均は、相場と遅行する曲線を描く性質から、トレンドを確認する目的で利用します。
為替(売り買い)
商店は安く商品を仕入れ、その商品をお客に高く売って利益を得ますが、投資も同様に、価格が安いうちに買いつけ、その後、思惑通り価格が上昇したら、その時点で高値で売却し利益を得るということを目的とします。 為替取引の場合には更に、近々価格が下落しそうだと思った時点で先に高値で売っておき、思惑通り、価格が下落しら、安値で買い戻すといったようなことも可能です。
オンライン・トレードの良いところ。
オンライントレードは、私たちに素晴らしい取引環境を与えてくれます。 それは、実際の値動きを見ながら、即座に取引できる環境です。価格が絶えず変動し続ける為替相場では、だれしも一瞬のチャンスを逃さず取引したいと考えるはずです。 その様な要望にこたえてくれるのが、オンライントレードです。
Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。