スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
為替レートの種類
為替レートの種類は、カレンシーペア(通貨の組合せ)であらわします。世界中のあちらこちらで貿易が発生するため通貨の組合わせはたくさんありますが、外国為替市場で主に取引されるカレンシーペアを一部紹介します。

・主要通貨の為替レート
・クロス円の為替レート
・世界の通貨記号
・実効為替レート

スポンサーサイト
為替 (かわせ)の歴史
そもそも為替の語源はどこからきたのでしょう。 少し調べてみると、鎌倉・室町時代に為え銭(かえせん・かえぜに)という言葉から始まったようです。 為え銭とは、領主に毎年納入する多額の年貢に困惑する農民に対し、造り酒屋などが金貸しを行っていたようですが、これが替え銭です。 造り酒屋はその時代の経済の中心的な役割を負っていたようです。

 江戸時代に入ると、金貸しから立て替え払いの業務まで事業を拡大して行きます。 当時の江戸は消費が拡大し、商人は大量の仕入れを大阪からまかないました。 そこで生まれたのが、為替(かわし)です。 江戸から大阪、大阪から江戸の間で、品物の買い付けで動く資金を、両替商が帳面で残高を管理し、現金を輸送することなく決済する仕組みが生まれました。 そこで支払人から受取人へ支払う金銭を為替銀(かわしぎん)といいます。 これが、現在、銀行が行う送金業務(内国為替)の原点です。

 やがて金貸し業から送金業までを営む業者は、銀行という名前で呼ばれるようになります。 まさしく銀(為替銀)が行き来するから銀行ですね。日本国内では、銀行法により為替業務は銀行以外に行えません。

レバレッジについて
レバレッジとは手持ちの資金よりも多い金額を動かすことをいいます。株式でいえば『信用取引』に当たります。
外為ではこのレバレッジを生かすことにより、少ない証拠金で多額の外貨を取引することが可能になります。

例えば、10万円を証拠金としてブローカー(取引仲介業者)に差し出し、USDを100円で10万ドル(1000万円)分買うことが出来たりします。この場合1円上がれば10万円儲かるわけですから、単純に10万円の元手が倍になったわけです。

このレバレッジという仕組みこそ外国為替取引の醍醐味といえます。
外国為替レートはどうして動くの?
外国為替市場での取引には、さまざまな参加者がいます。海外と商取引を行う企業、銀行などの金融機関、外国為替レートの変動で大きく利益を上げようとしている投機筋などです。こうした参加者が、それぞれの思惑や必要に応じて外貨を売買しています。その需給バランスが、外国為替レートを動かすのです。

需給バランスとは、売り手と買い手の力関係と考えていいでしょう。たとえばドルを売りたいという勢力が強ければドル安円高になりますし、ドルを買いたいという勢力が強ければドル高円安になります。

問題は、どのような根拠でドルを買うのか、あるいは売るのかということです。

簡単に言えば、国力が後退した国の通貨は売られますし、景気が回復した国の通貨は買われます。異なる2つの国の金利水準を比較し、金利の高い国の通貨が買われ、金利の低い国の通貨が売られることもあります。さらに国際紛争などが勃発すれば、基軸通貨と呼ばれる米ドルが買われます。

外国為替市場の参加者はさまざまですから、参加者一人ひとりの思惑がマーケットでぶつかり合います。そこに力関係が生まれ、外国為替レートが変動するのです。

逆張りは危険
外国為替証拠金取引ではレバレッジが大きいときの逆張りは危険です。

逆張りは、ご存知のように、下げ相場で買うことですので、もしもそのまま下げ続けてしまったら、損が大きくなるばかりです。

逆張りは短期投資には向かない手法であり、レバレッジは短期投資の性格が強いので、レバレッジが大きいときの逆張りは避けるのが懸命といえるでしょう。


Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。