スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャリートレード
キャリー(金利)トレードとは、低金利の通貨を売って高金利の通貨を買うことです。

つまり、キャリートレードは金利の取得を主な目的としているということができます。

これが2国間で行われると、為替リスクが発生し、為替マーケットが動く要因にもなります。

具体的には、円などの金利の低い通貨で資金調達し、NZドルなどの金利の高い通貨で運用することといえます。

ただ、金利取得を目的にする場合、為替変動に大きなリスクが生じますので、そのあたりをきちんとわきまえる必要があります。


スポンサーサイト
FXトレード(為替)
FXトレード為替)にもメリット・デメリットが存在します。
しっかりと基本は知っていないと
比較的簡単だと言われているFXトレード為替)でも、儲けるのは困難でしょう。
初心者の方は、まずはFXトレード為替)が
どのようなものなのかを、書籍や商材で勉強してみてはいかがでしょうか?

FXトレード為替)のメリット

・手数料等の取引にかかるコストが安い
・レバレッジを利かせた取引ができる。
・24時間取引ができる。
・豊富な注文方法


FXトレード為替)のデメリット

・金利の変動によってのリスク
為替レートによって変動のリスク
・事故など不測の事態によっての取引停止

外国為替市場ってどこにあるの?
外国為替取引を行うのに必要な通貨の交換。これを行うのが外国為替市場です。では、外国為替市場とはどこにあるのでしょうか。

株式取引の場合は、証券取引所という場所で取引が行われます。でも外国為替市場には、こうした取引所は存在しません。銀行と銀行をつないだ電話、あるいはパソコンを通じて、相対で取引が行われます。よくテレビニュースなどで、パソコンのモニター画面がずらっと並べられた銀行のディーリングルームが登場することがありますが、このモニター画面を通じて、国内外のさまざまな銀行と通貨のトレードを行うのです。

外国為替市場は世界中にあります。1日の動きを追うと、オーストラリアからスタートして日本、香港、シンガポールなどのアジア、バーレーンなどの中東、そしてフランスやドイツなどの欧州経済圏、最後にニューヨークといった具合に、時差の関係もあり、徐々に取引の中心地が移っていきます。この間、どこの国のマーケットでも取引することができるため、外国為替市場は「24時間眠らないマーケット」になるのです。
「くりっく365」が生まれた背景
かつては、取引を規制する法律や、監督する省庁がなかったため、悪質な一部の取引業者が暗躍し、一般の投資家の間でトラブルが起こることもありました。

このような状況を受け、外国為替証拠金取引を規制する改正金融先物取引法が2005年7月に施行され、「取引業者の金融庁への登録義務」、「取引業者の財務基盤の健全性の確保」、「希望しない顧客に対する取引勧誘の禁止」などの悪質な業者の排除を目的とするルールが定められました。

また、金融先物取引法による各種規制とあわせて、東京金融先物取引所(金融取)は、外国為替証拠金取引の透明かつ公正な取引の場を提供することを目的として、外国為替証拠金取引の公的な市場(取引所為替証拠金取引市場)が開設されました。これが「くりっく365」です。

このような経緯からもわかるように、くりっく365は、安心できるトレードができるよう、投資家のことを第一に考えた取引所なのです。
そのFX会社は信頼できるか
FX会社は、2005年7月の改正金融先物取引法施行により金融庁と財務局へ「金融先物取引業」の登録が義務付けられています。この登録を認証された会社でなければ、FXの取扱はできません。
そこで、FX投資に当っては、最初に登録会社であることを確認する必要があります。
この確認は金融庁のホームページにアクセスすれば簡単にできます(2006年7月3日現在186社登録)。

さらに、取引しようとするFX会社候補を選んだら、その会社のホームページにアクセスし、証拠金と会社資産を明確に区分しているか、自己資本比率は十分か(法律では自己資本比率が120%以上と定めています)、会社のプロフィールなどもトレード始める前に確認したいものです。
Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。