スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手数料だけでなく、スプレッドもチェック!
FXのコストには2種類あります。

ひとつは為替手数料です。これは、円を外貨に替える、あるいは外貨を円に替える際に取られる手数料です。これは、外貨預金や外貨MMFなどでも取られるコストですが、基本的にFXの為替手数料は、他の外貨建て金融商品よりもはるかに格安に設定されており、コスト面では極めて有利です。

ただ、ここで注意しなければならないのは、もうひとつの隠れたコストがあることです

実際にFXを始めるとわかりますが、提示される外国為替レートが二本値になっていることに気付くでしょう。たとえば、「120.25‐120.30」というようにです。これは、決して1ドル120円25銭から120円30銭の間で取引されているという意味ではありません。

外国為替レートは、2ウェイプライスといって、外貨の買いと売りのレートを同時に提示する習慣があります。前出の例で言うと、投資家から見て「120円25銭で1ドルを売れます。1ドル=120円30銭で1ドルを買うことができます」という意味になるのです。そして、両者の差額に相当する5銭が、スプレッドという名のコストになります。

FX会社のなかには為替手数料を無料にしているところもありますが、この手の会社のなかには、スプレッドを高めに設定しているケースもあります。FX会社のコスト比較をする場合は、為替手数料だけでなく、スプレッドも合わせてチェックすることが肝心です。

スポンサーサイト
はじめてFX
近年、投資に興味を持った人が増えています。
 色々な投資商品がある中で、FXは少額の資金から始められ、うまく運用すれば、一般的に利回りが良いと言われている外貨預金などよりも大きな利益が得られる事で人気が出ています。

 まずはFXの特徴やしくみを理解していきましょう。

 FXは、日本円と米ドル、日本円とユーロ、米ドルとユーロなどの異なる2国間の通貨を交換し運用する取引の事を言います。

 FXの最大の魅力はレバレッジ効果というものです。レバレッジ効果とは、証拠金を担保として投資金額以上の大きな金額の取引を可能にするもので、少ない証拠金でその数倍~数十倍の外国為替を取引可能にします。

特に為替マーケットでは、最高レバレッジが100倍となっており大変人気があります。

 また、取引通貨間の金利差も受け取れることも大きなメリットの一つです。これをスワップポイントと言い、例えば、現在金利の低い日本円と金利の高い他国通貨の取引では、外貨を「買い」の立場(日本円は「売り」の立場になります)ならスワップポイントを受け取ることができます。

いま外為(FX)が熱い!!
外為証拠金取引ってご存知ですか?最近FXって言葉を耳にしませんか?外為証拠金取引こと通称"FX"というのは、世界の通貨を売り買いしてその時発生する差額で儲けるという方法です。FXの魅力は・・・
少額から投資ができる。
手数料が非常に安い。
スワップ金利(各通貨間の金利差のこと)がもらえる。
24時間取引可能。
などなど多くのメリットがあり、これからは間違いなくFXの時代です!しっかりこのサイトで取扱会社を吟味した上で賢くFXを利用してください。

決済口座と預金口座について


FX外国為替証拠金取引)においては、基本的に取引口座と預金口座に分けられます。

取引口座は、バーチャル的な口座で、証券会社の取引者に対する負債の一部をあらわしていることになります。

そういったこともあり、預金口座から取引口座への振り替え処理がFXでは必要になってくるのです。

そして、損益は、未実現損益(評価損益)として計上されているということを理解しておきましょう。

レバレッジってなに?
少額の元手で大きな取引ができる。このメリットとデメリットについてお話しましょう。

FXの特徴のひとつとして「レバレッジ効果」を挙げることができます。レバレッジとは「テコの原理」のこと。テコの原理とは、小さい力で重いものを持ち上げることのできる仕組みを指します。
10万円の保証金を収めることによって、1万ドルの取引ができるとしましょう。1ドル=120円であれば、10万円の元手で、実際には120万円相当の米ドルを取引していることになります。つまり、保証金として納めた10万円を元本とみなすと、元本に対して12倍ものレバレッジがかかることになるのです。

仮に、1ドル=120円で米ドルを買った後、1ドル=130円までドル高円安が進んだとします。1万ドルを買っているのですから、為替差益は10万円。でも、元手は保証金として納めた10万円ですから、その元手から見た利益率は100%にも達します。

では、外貨預金だったらどうでしょう。1万ドルの米ドル預金を作成するのに必要な金額は、1ドル=120円だとしたら120万円です(手数料は含めずに計算します)。1ドル=130円までドル高円安が進めば、120万円が130万円になり、10万円の為替差益が得られます。これは、FXと同じです。

でも、FXの元手が10万円であるのに対し、外貨預金の元手は120万円。利益率は8.33%足らずです。FXの100%と比べると、大きな差があることに気付くでしょう。この違いが、レバレッジ効果なのです。
Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。