スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外国為替証拠金取引 VS 商品先物
 「外国為替証拠金取引」と「商品先物取引」の一番大きな違いは、なんといっても自動ストップロス制度と追加証拠金制度にあります。 先物取引には、損失が拡大すると、取引業者から追加証拠金(通称=おいしょ)の請求があります。これは、計算上の損失が委託本証拠金の50%を超えた場合、不足分の証拠金が請求されるといった大変恐ろしい制度なのです。 「外国為替証拠金取引」は、一部の取引業者を除いて、ほとんどの取引業者が自動ストップロス制度を採用しています。この制度は損失額が一定の水準を超えた場合に自動的(強制的)にポジションを清算される制度です。この制度は、投資家の損失額を限定させる安全装置として機能します。この制度を採用している取引業者からは、預入した証拠金を超えて請求させることはありません。

 「外国為替証拠金取引」は商品先物取引のように限月がありません。先物取引は、3月物、6月物、9月物、12月物といったように限月に分かれ清算日が決められています。 「外国為替証拠金取引」の取引で建てたポジションは、清算する日まで自動的にロールオーバーされます。 また、「外国為替証拠金取引」にはポジションの持越しに期限がありませんので、証拠金の枠内であれば、ポジションは清算する日まで、いつまでも持ち越す事が可能になります。 先物取引では、限月を跨いでポジションを持ち越す場合に、次の限月物に乗り換える必要がありますが、「外国為替証拠金取引」では、その必要がありません。

スポンサーサイト
買いでも売りでも取引できます
外貨建て商品は、円高時に取引を始め円安時に売ることが鉄則でしたが、外国為替証拠金取引は、値上がりを予想して「買い」から取引を始めることはもちろん、値下がりを予想して「売り」から取引を始めることもできますので、円高時でも円安時でも収益チャンスを逃しません。 新規注文が成立した後 は、反対売買をする事で決済します。

また、 外国為替証拠金取引は上記のような反対売買による差金決済だけでなく、現物を受け渡すことで決済する(デリバリー)こともでき、銀行の為替手数料に比べ割安な手数料とあいまって、円を外国通貨に、また外国通貨を円に両替することもできるたいへん便利な外貨建て金融商品なのです。
FX取引会社の選び方
外国為替証拠金取引(FX)をする上でなくてはならない取引会社ですが、世の中にはたくさんの取引会社があります。FXをする上でかなり大事なのが、このFX会社の選び方です。

そういった中でどうやって選んでいけばよいのでしょうか。

現在は法規制が入りましたので、悪徳業者は減りましたが、それまでは存在していたのが現実です。

必ず信用のおける会社に資産を預けるようにしましょう。

スワップ派のリスク
外国為替証拠金取引でスワップ金利を定期的に獲得することをだけを
目的とした取引方法を「スワップ金利運用」と呼ぶことにします。
FXでスワップ金利運用をメインにトレードする人のことを
スワップ派とよぶこともあります。

このスワップ金利運用、スワップ派には、主にふたつのリスクがあります。

 ・証拠金不足による強制決済のリスク
  為替変動により含み損が拡大し、証拠金を維持できなくなれば
  証拠金不足となり、資金を投入せずそのまま損が拡大していくと
  いずれポジションが強制決済(ロスカット)されます。
  含み損が、含みではなく、損失が確定してしまうわけです。

 ・スワップポイントが少なくなる、マイナスになるリスク
  スワップポイントは通貨ペアの金利差により決まるため
  スワップ金利運用で長期間ポジションを保持していると
  金利動向によっては金利差が縮小しスワップポイントが
  少なくなる可能性があります。
  最悪の場合は金利が逆転してマイナススワップとなることも。
  また為替レートが下がるとスワップポイントも少なくなる点も
  見過ごされがちな重要なポイントです。
少ない資金で大きな取引ができる!
外国為替証拠金取引は、少ない資金で大きな取引ができるという特徴があります。これは、「証拠金」という仕組みによって成されるものです。

たとえば1万ドルの外貨預金で運用しようとした場合、1ドル=120円であれば、総額で120万円の資金が必要になります。ところが外国為替証拠金取引の場合は、同じ1万ドルの米ドルを売買するに際して、それよりもはるかに少額の保証金を納めれば、取引できるのです。最低証拠金の額はFX会社によって異なりますが、たとえば1万ドルの米ドルを取引するのに必要な証拠金額は、10万円程度で済みます。

簡単に言うと、証拠金を担保にして、外貨を売買するのに必要なお金を借りるという感覚です。10万円を担保として預けることによって、1万ドルの外貨を買うのに必要な信用を受けることができるのです。

この仕組みによって、少額の元手で、より大きな金額の外貨取引が可能になっているのです。

Copyright © 外国為替ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。